経済

日本・台湾、経済安全保障協力を強化することで合意

東京(刑務所) – 日本と台湾の与党議員は金曜日、半導体やその他の重要製品に対するサプライチェーンの復元力に重点を置いて経済安全保障分野の協力を強化することに合意した。

日本の自民党と台湾民主進歩党議員が参加したオンライン会談で、台湾側は岸田文夫首相政府が来年国会に提出する計画である経済安保促進法案に強い関心を示した。

自民党経済貿易産業課長の石川秋昌(Akimasa Ishikawa)は「これを効果的な立法にしなければならない」と述べた。

今回の会議は自民党が台湾与党との交流を強化する中で開催されたもので、台湾はますます独断的な中国の軍事的圧力に直面しています。

自民党外交局長佐藤正久(Masahisa Sato)は、会議で中国も加入を申請した環太平洋11カ国間の環太平洋経済同伴者協定(Trans-Pacific Partnership)自由貿易協定(FTA)に台湾が加入しようと歓迎したと記者に言った。

TPP加盟国​​である日本は、先に台湾の貿易協定参加申請を歓迎し、技術的な問題はないと明らかにしたが、中国は台湾の動きに強い反対を表明し、これに抗議した。

台湾は、中国本土が加入申請をしてから数日で9月に地域貿易協定加入申請書を提出しました。

自由貿易協定に加入するには、中国と台湾がオーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムなど11の加盟国すべての全会一致の承認を受けなければなりません。

今回の会議は去る8月、佐藤をはじめとする自民党議員たちと台湾の外交・国防担当議員たちが参加したオンライン会談に続いたものだ。

READ  日本の小売業者、旧正月の販売を増やすためにかわいいおもちゃに切り替え

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close