経済

日本・米国他3人ロシアに抗議するAPEC貿易交渉書不参加

日本と米国など3カ国の代表がロシアのウクライナ侵攻に抗議するため、土曜日アジア太平洋通商長官会議でしばらく席を離れたと管理者たちは語った。

バンコクで2日間開かれるアジア太平洋経済協力体フォーラム(APAC)会議がコロナ19以後、世界最高の議題に貿易と投資促進を議題に仕上げる。

写真は2022年5月21日タイバンコクで開かれたアジア太平洋経済協力体フォーラム貿易大臣会の様子。 (写真提供:タイ政府)(刑務所)

日本の管理者たちは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを含む共同ストライキが、ロシア経済開発部長官のマキシム・レシェットニコフが午前のセッションでスピーチを始めたときに発生したと述べた。

関係者によると、5カ国の代表団はロシア長官が発言しながら約3分間部屋を出て再びテーブルに戻った。

中国とインドネシアを含むグループを構成する21カ国は、ロシアのウクライナ侵攻に対する対応で異見を維持しており、会談後、大臣が共同声明を発表するかどうかは不透明だ。

会議を主催するJurin Laksanawisitタイの商務長官は、APECが共同声明を発表できない場合、議長声明を発表すると述べた。

ジュリン委員長は「今年のAPEC通常長官会の結果がポストコロナ時代の多様な分野で地域経済の回復と活性化のための政策方向を決定する上で重要な役割を果たしてほしい」と述べた。 彼が会議を開いたとき。

コロナ19ファンデミックに関する制限が緩和され、3年ぶりにAPEC貿易大臣会議が直接開催されました。

会議の間、日本の萩宇田小一経済産業賞は、米国が主導するインド太平洋経済体制が主要問題の一つである可能性がある一部の相手方と会談を行いました。

米国政府によると、IPEFというフレームワークは繁栄を促進し、地域の回復力を構築し、同時に開放性を奨励することを目指しています。

発射は、ジョーバイデン米大統領が月曜日の岸田文夫日本首相と会談する訪日で公式発表されると予想される。

萩宇田はタイの首都に出る前、東京で記者たちに、「IPEFがインド太平洋地域への米国の介入を強化する枠組みになるから、私たちはIPEFを歓迎したい」と話した。

アジェンダの他の問題は、食料不安定、高エネルギー価格、観光再開です。

1989年に設立されたAPECは、拘束力がなく、合意に基づく協力に基づいてアジア太平洋地域の自由貿易と経済協力を議論します。

APEC加盟国は、世界総国内総生産(GDP)の約60%と世界貿易の約50%を占めています。

今年のAPEC首脳会議は11月にバンコクで直接開催する予定だ。

APECグループは、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、中国、香港、インドネシア、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、パプアニューギニア、ペルー、フィリピン、ロシア、シンガポール、韓国、台湾、タイ、アメリカ、ベトナム。


関連する適用範囲:

APEC指導者たちは、統合を進め、経済回復に取り組むことに合意した。

アジア太平洋大臣、ワクチン普及の加速に合意

ワクチンが楽観論を呼び起こし、APECのGDPは2021年に6.3%成長すると予想される


READ  [미국 시황]株式反発、2週間大幅に上昇-ECB緩和示唆ユーロ安 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close