トップニュース

日本・米国防長官、北ミサイル発射に拍手

岸野武夫日本防衛賞とロイドオースティン米国国防長官が11日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を挑発行為であり、国際安全保障に対する脅威だと批判した。

日本国防省によると、岸とオースティンは、電話会談で平壌の軍事活動に対処する同盟の抑制力と対応能力を強化するために緊密に協力し、韓国を含む三国協力をさらに促進することに合意した。

2022年5月4日、ワシントン近くのペンタゴンで岸野武日本防衛賞(一番左)とロイドオースティンアメリカ国防長官(右から3番目)が会談をしている。 (刑務所)==刑務所

外交部は「両大臣は北朝鮮の相次いで弾道ミサイル発射を強力に糾弾する」とし「これは国連安保理決議に違反し、地域はもちろん国際社会の平和と安定を脅かすものだ」と明らかにした。

岸は北朝鮮のミサイル発射が「明らかに挑発的な行為」とし「絶対許せない」と述べた。

彼は、オースティンの発射が、月曜日に日本の岸田文夫首相とジョーバイデン米大統領の会談と、火曜日に東京で開催されたオーストラリアとインドを含む4カ国4カ国首脳会談と同時に予定されたと見られたと述べました。 教育省によると。

平壌は昨年1月の執権以後、初のアジア順房を務めたバイデン元副大統領が火曜日の韓日5泊5日の日程を終えた翌朝から今年初めから15回目の弾道ミサイル試験発射を断行した。

北朝鮮の東海岸で発射された3発のミサイルのうち1発は大陸間射程距離だと韓国政府が明らかにした。 北朝鮮が2017年以降初の核実験を準備しているという懸念が高まっている。

READ  宮崎駿「鬼滅の日」大ヒットは「私には関係ない」複雑な心情を明らかにした(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close