日本・ASEAN企業、パートナーシップ強化のため協約締結

Estimated read time 1 min read

日本企業と東南アジア国家連合(ASEAN)加盟国が気候変動対応努力の一環として脱炭素化を中心に一連の条約に合意しました。

日本経済産業省は先週土曜日、東京で日本とASEANの友好50周年を記念するフォーラムを開催しました。

この日の行事には企業人とスタートアップ関係者など約100人が参加し、両国間の経済協力強化のために設けられた。

この日まで脱炭素化分野を中心に約70件の了解覚書が交換された。

その中には、燃焼時に二酸化炭素を排出しないアンモニアを使用するマレーシアの火力発電所プロジェクトもあります。 2026年に稼働を開始すると、世界初の発電所となる。

この他にもタイ石油化学団地で水素とアンモニアを活用した炭素中立努力に対する技術支援を提供することも含まれた。

3番目のプロジェクトは、石炭と石油の代わりに水素を使用するラオスのコーヒー焙煎事業の研究に投資します。

さらに、政府は炭素中立目標を実現するためのロードマップを作成する際に互いに支援することに合意しました。 目標は、アジア全体で合計4,000兆円、約28兆ドルに達すると予想される脱炭素化への投資を奨励することです。

斉藤健日本経済産業賞は、日本とASEAN間の関係をさらに強化し、両国間の協力を象徴するプロジェクト創出に対する希望を表明しました。

READ  Sterlingが3年の間に最高の性能で1.39ドルに達する| 映画
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours