日本三原、4大陸2連敗、アメリカ1-2で金メダル

1 min read

発行日:

タリン(AFP) – 日本の三原舞が、土曜日のI​​SU4大陸フィギュアスケート選手権大会で、米国がフェアで1対2を楽しんだ中、2番目に金メダルを首にかけて冬季オリンピックに出場できなかったことに対する苦しみを吐露した。

日本代表チームで4位を獲得したミハラは、北京で開かれる最初の冬季ゲームに参加できるという希望を折ったが、彼女はタリンで5年前に優勝したタイトルを取り戻すために勇気を出しました。

フェアでは、Audrey LuとMisha Mitrofanovは、エストニアの首都で同僚のアメリカ人Emily ChanとSpencer Akira Howeに8.16ポイントの車で金メダルを獲得するためにフリースケートで倒れても生き残りました。

三原(22)は218.03点でキャリアハイを記録し、ISU初の銀メダルと銅メダルを占めた韓国の理解人(213.52点)とキム・イェリム(209.91点)を抜いて先頭を守った。

三原が言った。

氷板に上がる前に泣いたりもしたが、国民の悲しみに勝ち、金メダルを日本に持っていった」と話した。

Miharaは、彼女のフリースケートで彼女の最後のスピンに欠陥があるにもかかわらず、ショートプログラムで彼女のリードをYuko Toyodaの「Fairy of the Forest」と「Galaxy」に拡張し、キャリアトップ145.41を記録しました。

2017年金メダルに続き、2018年と2019年それぞれ銀メダルと銅メダルを獲得した4番目のメダルだ。

韓国のキム・イェリムがタリンで開かれたISU 4大陸フィギュアスケート選手権大会で銅メダルを獲得してオリンピック準備をしている。 ダニエル・ミハイレスク AFP

彼女は「注文が1,2,3だったので、今回は4位をしたくなかった」と話した。

「この金は2017年とは全く異なる意味を持っています。

「今回は自分を圧迫した。授賞台に上がって金メダルを取らなければならなかった。結果を見て喜びに圧倒され涙が泣き回った。」

李選手とキム・ヨナはトリプル・トループで倒れるなど、ミスが多いフリースケート以後6位をした韓国チャンピオンの遊泳を破った。

16歳のLeeは、大会に初めて参加したJi Pyeong Kwonの「Homage to Korea」にスケートに乗って7つのクリーンなトリプルジャンプを記録し、キャリア最高記録143.55を記録し、以前の個人最高記録を10点向上させました。

19歳のキムはナショナルで2位になった後、オリンピックを準備しながらプッチーニのトゥランドットに合わせてフリーダンスで4位になったにもかかわらず3位を占めました。

彼女は「この大会を通して自信を得た。

「国民に近すぎて体調が気になった。今日はきれいな番組をして自信があった」

ペアでは、LuがRonan Hardimanの「Ancient Lands」にフリースケートから落ちたにもかかわらず、アメリカ人はショートプログラムで189.10ポイントを獲得し、ChanとAkira Howeが180.94ポイントを記録し、リーダーを守りました。

米国はタリンでフェアスケートで1-2に行きました
米国はタリンでフェアスケートで1-2に行きました ダニエル・ミハイレスク AFP

カナダのEvelyn WalshとTrennt Michaudが179.70ポイントを記録し、銅メダルを獲得しました。

米国とカナダのスケーターは北京オリンピックに参加しません。

アジアと北米の最高のスケーターのほとんどは、コロナ19ファンデミックのために冬季オリンピックをわずか2週間控えた今大会に参加することに決めた。

中国はエストニアにチームを送りませんでした。

大会は日曜日、韓国チャンピオンのチャ・ジュンファンが日本のデュオである友野和樹と三浦カオを率いる男子男性イベントフリースケート決勝に進出しながら幕を閉じます。

READ  「私は誰を喜ばせてくれたのではない」:Pim Verbeekの遺産をまとめた話
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours