経済

日本三菱UFJがアジアホームクレジット2채を5億9600万ドルで買収

©ロイター。 ファイル写真:2017年9月5日日本東京の銀行支店で三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)のロゴの後ろに日本の国旗が見えます。 ロイター/キム・ギョンフン

山崎真紀子

TOKYO(Reuters) – 日本の三菱UFJ(NYSE:)Financial Group Incは、木曜日に約5億9600万ユーロ(6億2100万ドル)にオランダの消費者金融会社であるHome Credit Group BVのフィリピンとインドネシアの事業部を買収すると言いました。

この取引は、日本最大の融資機関が新興市場の消費成長を活用するためにアジアで事業を強化することを目指す一方、超低金利と人口高齢化により国内事業機会が制限される中で行われました。

Home Creditの主なサービスには、物理​​およびオンライン販売時点で商品およびサービスを購入する顧客に提供される販売時点ローンが含まれます。

今回の買収は日本MUFG銀行、タイBAY(BAY)銀行、インドネシアADMF(Adira Dinamika Multi Finance)を通じて行われ、取引は2023年内に完了する予定だ。

Home Credit(HC)は、高億万長者Petr Kellnerが設立したチェコ最大の投資グループであるPPFによって管理されています。

2022年上半期には、主にロシア事業の売却の影響により大きな損失が報告されました。 しかし、中国を除くすべての国は、大流行の影響から回復した期間に収益性があったと述べた。

約22%の持分を所有している三菱UFJ モーガン・スタンレー (NYSE:)は、グローバル事業の再編の一環として、MUFG Union Bank(MUB)をUS Bancorpに80億ドルで売却することを完了しました。

日本銀行の中で、住友三井(NYSE:)金融グループ株式会社は、今月約4億6000万ドルで、フィリピンRizal Commercial Banking Corp(RCBC)の持分の15%をさらに買収すると述べた。

取引が完了すると、Bank of AyudhyaはHCフィリピン株の75%とHCインドネシア株の75%を保有します。 MUFG銀行はHCフィリピンの株式の25%を保有し、ADMFはHCインドネシアの株式の10%を保有します。

($1 = 0.9598ユーロ)

READ  iPhone12シリーズで発生する欠陥まとめ〜iOSアップデートで修正または - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close