理科

日本中・高校生英語実力、政府目標値未達:調査





東京千代田区文部科学省ビル(毎日)

東京 – 2021学年度調査で、日本の中・高校生の英語能力レベルが再び政府目標に及ばなかったと教育部が5月18日明らかにした。

文部科学省調査は全国公立中・高校生の英語能力を調査した。 中学3年生の合計47.0%が実用英語能力「英剣」試験で3級以上の英語能力を持っており、高校3年生の46.1%は学年に相当するレベルを持っていました。 Pre-2 Eiken認証以上。 両グループとも、日本政府が2022年度まで達成しようとする目標である50%を達成できませんでした。

しかし、都道府県や条例指定時別に分類すると、他の要因のうち講師の語学能力の向上が結果をもたらす場合があり、地域団体間でもかなりの差が観察された。

今回の調査は2021年12月、日本公立中学校9252校と高校3306校に在学中の3年生の在学生を対象に行われた。 COVID-19の普及により、前年度の学習が中止されました。

2018年内閣の決定で確定した政府の「第3次教育振興基本計画」は、世界舞台で活躍できる人材を養成するための計画を盛り込んでおり、日本政府は50%以上を目標に設定した。 学生は中学校を卒業した時点で、3年生のEiken認証に対応する6段階CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)尺度でA1レベル以上の英語能力を記録します。 政府はまた、卒業する高校生の少なくとも半分が、2年生のEiken認証に対応するCEFR尺度でA2レベル以上を受けるようにする目標を設定しました。

英検などの資格を取得したり、教師から同レベルの資格を取得したと政府が定めた能力基準を満たした学生の割合は、中学生が47.0%に達し、3.0%p上昇した。 2019年度以前の調査(高校生の場合46.1%)は、以前の調査より2.5ポイント上昇しました。 2013年の調査が始まって以来上昇傾向を続けてきたが、政府の目標値である50%には達しなかった。

都道府県または条例指定時別に見ると、中学生が英語能力目標を達成した割合が2年連続で埼玉市(86.3%)が最も高く、福井県(85.8%)が後に続いた。 3位は福岡市(66.0%)で20%ポイント近く遅れた。 埼玉市と学力基準を満たす学生比率が最も低い地方自治体との格差は、以前の調査の45.4点から54.4点に拡大した。

埼玉市役所は、2016年の学年度から小学校1年生から英語教育を実施し始めました。 小中学校9年の統合カリキュラムを作り、「聞く」、「話す、」「読む」、そして「書く」英語。

一方、福井県政府は、すべての学校にアシスタントアシスタント(ALT)を割り当て、公立中、高校のすべての英語教師が属する自発的研究グループ活動などの努力を通じて、高水準の英語教育を維持しています。 この側面が埼玉と福井の高い成果につながったと教育部は見ている。

アンケートは、英語教師の英語能力をさらに調査しました。 全国中学校の場合、英語教師の40.8%がCEFR尺度(Grade Pre-1 Eiken認証に相当)以上のB2レベルを保有していたのに対し、高校教師の割合は74.9%でした。 地域別では福井県が中・高校教師比率がそれぞれ64.8%と96.9%で最も高かった。 2番目に適格講師比率が高い地域機関は中学校は広島市(62.0%)、高校は鳥取県(96.0%)だった。

文部科学省は「コロナ19事態の中でも講師の英語実力向上のために語学活動と努力を傾けた地方自治体と都道府県が肯定的な結果を得た。 これらの有利な事例を他の機関に広げることが大好きです。」

(日本語オリジナル: Makoto Fukazu, Tokyo City News Department)

READ  ハッブルがスパイなブラックホールをさまよう天の川

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close