日本中北部で地震が発生し、1月に発生した致命的な地震で家屋5軒が破損しました。

1 min read

東京(AP) – 月曜日の午前、地震が再び日本中北部の石川地域を襲った。 この地域は1月1日の強力な地震による破壊から依然として回復していますが、最近の地震による大きな被害はありませんでした。 スケール 5.

東京(AP) – 月曜日の午前、地震が再び日本中北部の石川地域を襲った。 強力な地震 しかし、今回の揺れで大きな被害は発生しませんでした。

能登半島の北頂上で規模5.9の地震が発生した後、数分後に規模4.8の地震が発生し、その後2時間以内に何度も小さな地震が発生したと日本気象庁が明らかにした。 津波はありませんでした。

石川県によると、去る1月1日地震で被害を受けた家屋5軒が輪島市で崩れたが、大きな被害や命を脅かす怪我は報告されなかった。 震源地から南西に約100km離れた翼田村で地震警報が発令され、60代住民がベッドから落ちたが、けがは命に支障はないと現関係者は語った。

JMAの地震と津波管理の原田里は、月曜日の地震が余震と推定されると述べた。 規模7.6地震 以来、地震活動はやや頻繁に聞こえましたが、原田の人々に、特に以前に被害を受けた建物の近くで注意するように頼みました。

西日本鉄道株式会社によると、新幹線超特急列車やその他の列車の運行は安全点検のため一時的に中断されたが、ほとんど再開された。

原子力規制当局は、近隣の原発2カ所で何の異常も発見されなかったと明らかにした。 それらの一つ、 シカ工場 能登半島の2つの原子炉はわずかなダメージを受けたが、関係者は2つの原子炉の冷却機能に影響を与えなかったと述べた。

北陸電力は停電は発生しなかったと明らかにした。

月曜日のガタガタ音は、新年の地震による被害復旧にまだ苦労している住民の間で恐怖を再び引き起こしました。 NHK公営TVは、追加ダメージがあるかどうかを調べるために自宅と臨時避難所から出てきた人々が多数登場した。

林正正官房長官は「避難所に住んでいた多くの人々が恐れているだろう」と強く揺れる地域では落石や地すべりが起きる可能性があるので注意を求めた。

半島の山間地域では再建が徐々に進んでおり、破損した家屋の多くはそのまま残っています。

最大の被害を受けた地域の1つである輪島では、旅館のオペレーターは月曜日の最初の地震が発生したときにすぐにレセプションデスクの下に身を置いたとNHKに語った。 床に落ちたり壊れたことはなかったが、1月の揺れが思い出され、5ヶ月が経ってもそんな大きな地震が起きたのか心配することになった。

FDMAによると、1月1日の地震でストレス、病気、地震に関連するその他の原因で死亡した人々を含めて260人が死亡し、3人はまだ行方不明の状態だ。 被害は依然として残っており、住民3300人余りが避難した状態だ。

山口まり、AP通信

READ  これは、レーザーに電力を供給するための最初のミニ粒子加速器です| 科学
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours