日本中学生の60%以上が無現金決済を使用する:研究

1 min read

(ゲッティイメージズ)

日本中学校3年生の学生の約61.8%が現金のない決済を使用すると述べた。

経済学者であり、慶應義塾大学名誉教授の吉野直之氏が率いる研究委員会は、日本の金融教育に関する最新調査結果を10月24日に発表した。 2014年初のアンケート調査に続く2回目のアンケート調査で、2022年2~3月に実施された。 既存のアンケート調査は中・高校教師のみを対象としたが、今回は中学校3年生も含まれた。 。

2022年の調査によると、中学生の49.2%がIC電子マネーをSuica、Pasmoなどの公共交通機関として使用し、21.6%はPayPayなどのバーコードやQRコードを使用する無現金決済で決済すると答えた。 ラインペイ。 別の9.5%はスマートフォンで非接触決済を使うと答え、4.4%はクレジットカードで決済すると答えた。 30%は現金のない支払いを使用しないと述べました。

複数回答が可能な無現金決済のメリットを問う質問には、「即時決済が完了する」が85.1%、「決済後変更は必要ない」が75.1%だった。 一方、回答者はクレジットカードなどの決済手段を紛失した場合、「盗用の危険がある」という回答が54.2%、無現金決済をしない企業が45.9%など無現金決済の欠点を挙げた。 無現金決済。 19%は、クレジットカードなどの一部の支払い方法で支払能力を超えた商品を購入できると指摘しました。

一方、教師を対象とした質問では、48.1%が金融教育が必要だと答えた。 「不要だ」、「低い優先順位」と答えた教師は、教師全体の9.3%に過ぎず、学校金融教育の必要性について過去より教師が認識していることが分かった。

学校で金融クラスを提供することについての否定的な見解のいくつかの回答教師は、「現実の経済の変化が複雑すぎる」と述べた。 研究委員長吉野は、学生のための動画講義とオンライン授業を活用して教師の負担を減らさなければならないと話した。

今回のアンケート調査は全国5000以上の中学校を対象に進行され、2536人の家庭経済・社会教師が応答して15.8%の回収率を見せた。 学生の場合、全国66校に協議会が参加を要請し、中学校3年生3年生は5,737人で67.3%の徴収率を見せた。 日本証券産業グループ日本証券ディーラー協会が研究委員会の事務局として機能します。

(日本語オリジナル:香月さくま、Business News Department)

READ  日本のフィリピンのコミュニティは、根を下ろしホステスの起源を通っていきます。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours