技術

日本中部のしっかりと暗い紙ストローのためにプラスチックを捨てるレストラン、高級ブランド



2021年7月16日、甲府市で高級ブランドでも使用される丈夫な紙ストローが見えます。 (毎日/山本さとる)

KOFU – 日本の非営利団体によって開発された新しいタイプの黒い紙ストローが飲み物に濡れず、独特の紙の臭いがしない堅固な構造で人気を得ています。

日本中部の山梨県にある非営利法人が開発した「森の中」は、プラスチックを捨てようとする動きの中で全国の一部チェーンレストランに採択されました。 2021年度現在まで、販売量はすでに前年度合計の1.5倍に向けて急増しています。

ストローは、紙卸売および印刷事業に関連する4社につながった個人で構成された甲府市に基づく微小プラスチック対策事務所で開発しました。 県立森林から採取した木材を使って作ったストローを約2年間考案し、2020年3月に初販売を開始しました。

グループによると、これまで開発された紙ストローは使用すると、独特の紙の味があり、飲料水に長期間置くと壊れる傾向があり、一部のメーカーから製品を忌避した。 レストランやバーにつながった個人は、このグループには、一部の顧客が紙のストローに口紅を残すのが面倒で家に帰ったと言いました。

このため、グループはストローに特別なブルネットインクを選択しました。 色は口紅の色調が目立たないことを意味し、水に入れても色がぼやけることはありません。 インクは植物から抽出されたことが知られており、人体に無害です。

この非営利団体は、ストローが濡れるのをより困難にする特別な技術を持つ企業とも協力しました。 薄い紙の三枚を草で接着し、落ちないように包みます。 適切に管理された森林の木材から作られたことを証明するために、国際的に認められた森林管理委員会のロゴがストローに沿って印刷されます。

品質への献身は、ストローが標準的なプラスチック製ストローコストの約5倍であることを意味します。 それにもかかわらず、ファミリーレストランチェーンであるDenny’sは、2020年8月から山梨県店で使用されており、2021年8月から東京足立区店にも導入しました。 今後、首都圏の他の飲食店に広がる計画だ。

Denny’sレストランを管理する東京の千代田区会社Seven & i Food Systems Co.の広報部門は、Mainichi新聞にストローが女性のお客様から特に良いフィードバックを受けていると述べた。 柔らかさがなく、唇に触れる感じがなく快適です(プラスチックストローのように)。

非営利団体は、2020年7月からフランスの高級ファッションブランドシャネルの日本の日本の店舗20カ所で常連客を扱う際にストローを使用していると明らかにした。 東京にあるヨーロッパの自動車代理店でも今年9月から使用している。 彼らはまた、横浜の高級日本料理レストランでお問い合わせを受けました。

2020年度に、グループは201,000本のストローを販売しました。 2021年度の10月末までに販売量は着実に増加し、272,000本のストローが販売されました。 問い合わせが続いてきており、毎月50通通の電話を受けることが分かった。

関心が高まる要因の中には、国連の持続可能な開発目標(SDG)イニシアチブがあります。 これには、企業がプラスチックの使用から抜け出すための努力に参加することを目的とする要求が含まれます。 紙のない社会を求める中、製紙産業体などはストローが素材に対する関心を呼び起こすと期待している。 非営利団体は、今後、ホテル装備貿易博覧会にストローを披露し、環境保護に関心のある企業のためのプロモーションアイテムとして販売する計画です。

この非営利団体の取締役は、毎日新聞とのインタビューで「環境問題と紙製品への関心が皆の口から広がりたい」と製品に対する希望を伝えた。

(Japanese original by Satoru Yamamoto, Kofu Bureau)

READ  Best Smartwatch 最高のスマートウォッチ[2020]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close