日本中部地震死者200人を突破

Estimated read time 0 min read

日本中部石川県と近隣地域を襲った強力な旧正月地震による死者数が200人を超えたと、現政府が火曜日に明らかにした。

現地警察は規模7.6の地震で大きな火災が発生した輪島の廃墟となった市場で約100人の人材を投入し、火曜日の大規模な捜索作戦を開始しました。

28,000人以上が石川県の避難所でずっと避難しており、シカ村の3か所で約12人がコロナウイルスに感染したことが知られ、主に輪島と近隣の鈴市を中心に少なくとも3,300人が避難を中断したことで知られています。 道路が切られたからです。

輪島と鈴を含む80以上の学校が施設の破損により授業ができなくなった。

2024年1月9日、石川県輪島のある有名市場現場を警察が点検している。 1月1日、日本中部県と周辺地域で発生した強震で燃えた市場。 (刑務所) ==刑務所

地方自治体と消防当局によると、去る1月1日から始まった火災で、輪島市場では建物200軒余りが消失した。

1000年を超える歴史を持つ朝市場には木造建物が多く、観光客に人気が高かった。

日本震度規模最大7を記録した今回の地震による死亡者は輪島と鈴に集中し、行方不明者数は情報相反で登落を重ねてきた。

2024年1月1日、日本中部および周辺地域で強い地震が発生した後、2024年1月9日、石川県七尾の避難所として使用された小学校体育館で人々が身を溶かしている。 (刑務所)==刑務所

火曜日、岸田文夫総理内閣は、寒い天候に対処できる措置を含め、能登半島地震被害者を支援するため、2023年度予算の予備費で47億4千万円(3,300万ドル)を割り当てるを承認しました。

岸田によると、政府はまた、災害復旧努力に資金を支援するために4月から始まる会計年度予算の中で割り当てられた予備費を現在5000億円から増やす計画だという。


関連プレス:

日本の地震以降、救援活動に苦労していることを証明する誤った情報

日本の地震と雪のため、行方不明者300人以上の救助作業の妨害

雨の中で日本中部地震被害地域の調査を継続


READ  ロードアトランタのHSRミティに日本車が登場
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours