日本中部地震死者206人に増え、行方不明者50人ほど

Estimated read time 0 min read

新年初日、石川県と日本中部地域を強打した強力な地震による死亡者数が206人に増え、大雨により災害被害地域で地すべりリスクが高まり続け、約50人の行方不明が発生したと現地当局が水曜日に明らかにした。

死亡者数には震度7.6の地震で直接死亡したわけではないが、避難ストレスによる健康悪化で死亡したと推定される8人が含まれた。

行方不明になった人の数は52人に減ったが、石川県政府は地震で被害を受けたという証拠がなくても連絡できない人々の名前を続けて公開しており、その数値は日々上がり下がっています。

2024年1月10日、日本中部石川県輪島のある有名市場で去る1日、江津に燃えたところで自衛隊隊員らが捜索作戦を行っている。 (刑務所) ==刑務所

関係者は「(行方不明者情報が)間違っても無事だと判明すれば大丈夫だ。ぜひ捜索・救助すべき人を選別するために数値を公開している」と話した。 自治体の関係者が明らかにした。

現政府によると、26,000人を超える人々が避難所に残り、約3,100人の住民が道​​路の破損のためにまだ孤立しています。

現政府は、通信障害や交通経路の断絶により、依然として多くの人が自分の安全を報告していない場合があると信じています。 行方不明者の名前は、素材が確認されるとすぐにホームページから削除されます。

自治体や気象庁も火曜日から雨が降り続け、雪が溶けて地面がより柔らかくなっており、地震被害地域の地盤がより柔らかくなるため、住民に注意を求めています。

2024年1月10日、日本中部石川県輪島のある有名市場で去る1日、強震で燃えたところで警察が捜索作業を行っている。 (刑務所) ==刑務所

去る1日、地震発生地域のうち震度最大7に該当する地震で、自治体は2次被害を防ぐために崩壊の危険がある建物に対する点検を強化している。

地震で大きな火がついた輪島のある市場では、警察が手で残骸を取り除くなど、2日目に大規模な捜索作業が続いた。

自治体別では能登半島北端の鈴市と近隣の輪島市がそれぞれ91人、83人で死亡者が最も多かった。


関連プレス:

日本中部地震死者200人を超え、行方不明者100人以上

日本の地震と雪のため、行方不明者300人以上の救助作業の妨害

雨の中で日本中部地震被害地域の調査を継続


READ  Nittany Lion卒業生Tom Hovasse、日本を史上初の五輪準決勝に導いた
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours