理科

日本主導のconfabに先立ち、アフリカの気候影響に対するスポットライト

コロナ19ファンデミック(世界的な大流行)、ロシアのウクライナ侵攻とともに、アフリカ大陸が直面した複合的な危機の一環として、日本政府が主導する国際会議を控え、気候変動がアフリカに及ぼす影響が注目されている。

国連によると、アフリカ大陸は世界中の温室効果ガス排出量の4%未満を貢献していますが、科学者たちは、アフリカが干ばつや洪水などの気候変動の致命的な影響で最大の打撃を受けると警告しました。

ファイル写真は、2016年1月に建設中の銀行に立っているマラウイの洪水ダメージチクワと地元の人々を示しています。

アフリカが直面している他の危機には、ロシアのウクライナ侵攻とCOVID-19大流行の余波が含まれ、特に急騰する小麦と油価はアフリカ国民と経済の食糧とエネルギー供給に大きな影響を及ぼしたと日本国際協力体(Japan International Cooperation )が明らかにした。 エージェント、政府支援救援機関。

気候変動に関する科学を評価する国連機関である気候変動に関する政府間パネルは、3月に発表された報告書では、気候変動がすでに大陸を荒廃しており、極端な天候のために数百万人がすでに家を失ったと指摘しました。

さらに、IPCCは2030年までに約2億5千万人がアフリカで高い水ストレスを経験し、その結果、最大7億人が被災者になると予想しました。

問題は新しいものではないが、気候変動の影響に対する危機感が大きくなっていると、JICA関係者は8月27日、チュニジアで開催される第8次東京アフリカ開発会議(TICAD8)に先立ち、気候変動の影響に対する危機感が大きくなっていると述べた。 28.

TICADは1993年に日本政府が始めた国際会議で、国連、国連開発計画、世界銀行、アフリカ連合委員会(African Union Commission)が共同主催する。

ファイル写真は、2019年8月に東京近くの横浜で会議後に記者会見をする第7回アフリカ開発に関する東京国際会議の参加者を示しています。 (刑務所)

加藤龍一JICA副会長は去る5月、東京で開かれたメディア円卓会議で「TICAD8は世界平和という目標に向けた国際的連帯はもちろん、人間安全の概念を強調する非常に重要な機会になるだろう」と話した。

今年初め、外務省はアフリカの国家代表が参加した仮想TICAD大臣級会議を開催した。

参加者は、人間の安全保障問題に対するアフリカの持続可能な開発を確保するために、気候変動を含む環境問題への取り組みを促進することが重要であることを確認しました。

つまり、アフリカ諸国で気候行動を促進するためのアプローチは、気候給付と開発給付の両方に寄与しなければならないと国防省は指摘した。

アフリカ経済に不可欠な多くの活動が天候に敏感であるため、アフリカ大陸の人々は所得損失と食料不安定のリスクに直面しています。 JICAによると、これには農業、牧畜、漁業などがあります。

加藤は「気候変動による農業生産性の低下で栄養失調が深化している」と話した。

大陸でのJICAの気候活動には、再生可能エネルギー源を通じて電力需要を満たすように設計されたプロジェクトであるケニアの地熱エネルギーの開発が含まれます。

気候専門家によると、温室効果ガスの排出を抑制するための緩和策を講じることに加えて、気候変動に適応するための措置も現在の影響を減らし、潜在的なリスクに対処するための重要なアプローチと見なされています。

国連環境計画(UN Environment Programme)は、世界が産業化以前より2度高い地球平均気温上昇を抑制することに成功した場合、気候適応事業の潜在的市場規模が2050年までに最大50兆円(3,870億ドル)に達するものとする。推定します。

経済産業省はアフリカをはじめとする海外適応活動に民間の参加を促している。

これには、ウガンダのPanasonic Corp.の太陽光ランタンプロジェクトと、タンザニアの気候変動に関連するマラリアおよび他の感染症の拡散を防ぐための殺虫剤を含むSumitomo Chemical Co.のメッシュスクリーンが含まれます。

写真は、日本の支援で開発されたエジプトの風力発電団地プロジェクトを示しています。 (写真提供:日本国際協力団)(刑務所)

METIの関係者は、政府は、TICAD8を控えたセミナーやその他のイベントを通じて、日本企業がアフリカで行った良い適応プロジェクトを照明することに関心を注いでいると述べた。

気候変動が自然災害の増加と食糧不安定によってアフリカの人間の安全保障と世界平和を脅かす主な要因と考えられているKatoは、農業、インフラ、水資源、環境など、さまざまな分野での横断的適応努力が不可欠であると述べた。 – システムと防災。

他の地域と比較して、アフリカ諸国の温室効果ガス排出比率は比較的小さいが、パリの気候条約に基づき、アフリカでも排出量の減少およびその他の気候対策が必要である。

加藤局長は「先進国がすべきことと発展途上国が気候変動対応の側面でできることについて相互理解を深めることが重要だ」と話した。


関連する適用範囲:

アフリカ、コロナ19感染者100万人突破:WHO

日本の写真家、アフリカに「映画スター」を連れて行く


READ  トヨタは水素自動車の潜在力を調査するための努力を強化する。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close