日本久保田、「Made in USA」虚偽の主張で200万ドル罰金型 – ニュースワイヤー

1 min read

ビジネス


日本久保田、「Made in USA」虚偽の主張で200万ドルの罰金型宣告






ワシントン(ロイター) – 米国連邦取引委員会(FTC)は、金曜日のトラクターメーカーであるKubota North America Corpが、一部の交換部品に「Made in USA」と虚偽表示したものに対して200万ドルの民事罰金を支払うことを明らかにしました。

罰金以外にもFTCに代わって米法務部が提出した裁判所命令によると、久保田は虚偽の主張をすることが禁止されると明らかにした。

消費者保護局サムエル・レビン(Samuel Levine)局長は声明を通じて「今日の合意にはMade in USAラベリング規則違反に対して課された最大の民事罰が含まれている」と明らかにした。

苦情によると、「クボタは、トラクターや他の農業機器のための何千もの交換部品がすべて海外で製造されているにもかかわらず、Made In USAとラベル付けしました」
同社はまた、一部の部品の製造を米国から他の国に移転したが、これらの変更を反映するために製品ラベルを更新しなかったとFTCは述べた。

契約の一環として、Kubotaは、製品の最終的な組み立てまたは加工が米国で行われたことを証明できない限り、すべての製品について米国産の主張をすることは禁止されています。

Kubotaはまた、すべての製品に外国部品を含む範囲について明確に開示する必要があるとFTCは述べた。

'; var i = Math.floor(r_text.length * Math.random()); document.write(r_text[i]);

READ  日本のIdemitsu、Veccoバッテリーの電力持分をほぼ15%に引き上げる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours