経済

日本人の家で感じさせる新しい地球

ティーボール

蘇州新区の鳥瞰図

「私たちに蘇州新区は成功したキャリアを積むためのプラットフォームであるだけでなく、心を置いて家族を安定させ、人生を楽しむ場所です。 “これは働いて住む日本人の間で共通の感じです。 地球。

1994年1月8日、起工式で最初の土シャベルで蘇州新区で、日本が投資した最初の企業であるNihon Dempa Kogyo(NDK)Co Ltdが根を下しました。

その後上流企業と関連企業が次々と定着し、日本企業の積極的な発展の序幕を開いた。

開発初期に蘇州新区は、日本の投資誘致事務所を設立して、新旧が日本の投資誘致に大きな重要性を与えられたので、特別に選抜されたサービス担当者を中心に、東京に代表事務所を開設しました。

新旧東京事務所職人Ding Yongjunは、20年以上の投資促進に参加してきました。 DingはSuzhou New Districtは最初から「日本の投資の高台」に成長するのを目撃しました。

Dingは「日本事務所の一員としての需要がある限り投資業務とサービスを促進するために、日本に行って、より多くの日本の資金支援プロジェクトを新しい地球に誘致するために努力する」と述べた。

Suzhou New Districtは、日本企業の間で評判を得て投資ブームを引き起こした。

Panasonic、Canon、Sumitomo Mitsui、Epson、Fujifilm、Fujitsu、NGK、Sumitomo Electric、Mitsubishi、Kawasaki、Hitachi、AEON、Yamaha – 数多くのFortune Global 500と、有名な多国籍日本企業がSuzhou Newで根を下ろして発展しました。 地球。

日本人の家で感じさせる新しい地球

ティーボール

蘇州新区の淮海距離蘇州で働く日本人に最も人気のある週末の目的地の一つです。

現在、総投資額が米貨200億ドルを超える605個の日本の投資企業が地球で事業を開始し、合計外資企業数の3分の1を占めており、そのうちの17個は、フォーチュングローバル500企業です。 。

3月9日には、蘇州新区で、日本の資金企業春サロンが開かれ、新旧の日本の資金企業600個突破記念式典が開かれた。

蘇州新区の党書記パンウェンバンは「区の開発30年を振り返ってみると、日本企業は、常に最も明白なスターだった」と演説した。

Fangは次のように指摘しました。」蘇州新区は、両国の協力増進の努力の鮮やかな典型的です。 この地域の日本企業も、長年にわたって日中関係の持続的な発展を目撃した。 “

イベントで、総投資額108億元(約16億6000万ドル)の合計37個の日本資金のプロジェクトが署名されました。

イベントで公開された日本の資金企業のためのサービスセンターは、最も些細な部分までのワンストップサービスを提供する予定である。

上海駐在日本総領事イソマタ昭夫(Akio Isomata)はイベントで「今年はこのような協力のために熱心に努力する計画」と話した。

同時に蘇州政府と協力して、長江デルタ地域の日本と中国の企業が参加する公式の通信メカニズムを構築することです。

「これは日中共同創造の具体的な行動です。 蘇州は、新しい協力方式を作成長江デルタ地域全体と中国まで拡散して包括する段階となり、私たちが正常化50周年を迎えることができる強力な概念枠組みを段階的に構築することが予想されます。 来年中外交関係について説明し、その後、50年の間に “

27年ぶりに新地球の最初の日本企業NDKは、資本金を6倍に増やし開発の飛躍を実現しました。 販売量は今年30%増加すると予想され、今後5年間で二倍になると予想されます。

100番目の日本企業Canon(Suzhou)Co Ltdは、今年で20周年を迎え、同社が生産する最新の高速モノクロレーザーデジタル印刷機を国内外で販売します。

この地域の300番目の日本企業Suzhou Yokohama Tire Coは年間平均生産成長の38%を報告した。 1月31日、淮海通りである任天堂体験店の試運転は、蘇州新区にある日本の投資企業の数が600個を超えることがわかった。

したがってSuzhou New DistrictはYangtze River Delta地域に対する日本の投資の最も人気のある目的地としての地位をさらに強化しました。

同時に、より多くの日本人が、より良い生活を楽しむことができるようにするために、蘇州新区は、ビジネス環境の最適化に細心の注意を払っており、日本の友達に仕事で生活に至るまで、満場一致で賞賛を受けた質の高いサービスを提供しています。

NDKのNobumitsu Fujiwara会長は「私たちは、淮海通りで本格的な日本料理を楽しむことができるだけでなく、新しい地球にある日本の病院と日本の学校を楽しむことができ、家のような感じを受けることができます。」と言いました。

READ  グローバル市場 - ビッグテック、Biden再建計画に焦点を合わせながら、株式上昇

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close