エンターテインメント

日本人は東京の神社で開かれる年次氷浴意識で流行終息を願っています。

東京:伝統腰の服を着た男と白衣を着た女性は日​​曜日、東京の神社で信徒の意識の中に氷水浴に入る前に拍手をしながら叫んだ。 コロナウイルス感染症-19:コロナ19 感染症、世界流行。

今年の初めに健康危機に縮小されたテポーズ稲荷神社の恒例行事には、わずか12人だけが参加し、これ2020年の初めに100人以上だったと比べて見ると、観客は許可されていません。

摂氏5.1度(華氏41.18度)の澄んだ空の下でウォームアップ運動と歌を歌ってた後、参加者9人と女性3人冷水と大きな氷の塊が満たされた浴槽に入った。 「私は祈りました コロナウイルス できるだけ早く終了します。」65歳の参加者大井シンジ(65歳)は、意識が終わった後、神社の「弥生カイ」教区を導いている。

日本は最近急増を抑制するのに苦労しました。 コロナウイルス 東京は日曜日に1,494件の新しい事例が報告されました。 政府は、拡散を防ぐために、日本全体の人口の約30%を占める東京と近隣3県に限定的な緊急事態を宣言しました。

信徒の儀式に参加した参加者が少なく、水がより冷たくなった参加者Naoaki YamaguchiはReutersに語った。

「一般的に、我々は、より多くの参加者があり、水温をもう少し暖かくなります。 しかし、今年は12人しかいなかったので、寒さが与えた。」と47歳の彼は言った。

神社は、毎年第2日曜日に開催される毎年恒例のイベントに「伝染病予防」というテーマを追加し、現在では66周年を迎えました。

READ  「魔法の高校の劣等生リローデッドメモリ」が制作決定した。オリジナルストーリー収録の「魔法バトルRPG "へ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close