Breaking News

日本人を除いて、誰もが日本の粉をスキーしたいです。

1 min read

コメント

伝染病の流行以来、日本のスキー場は、オーストラリア人、香港人、そして過去2シーズンの間、世界的に有名なパウダースノーを楽しむことができなかった他の観光客で再び賑わいました。 」

しかし、おそらく最後に雪が多い旅行地の一つであるにもかかわらず、日本で最も素晴らしい斜面で日本人を見つける回数はますます減少しています。 自宅でスキーやスノーボードに乗る地元の人の数は、1998年の頂点を撮影してから75%以上減少しました。

表面的にはスポーツが良く見えることはほとんどありません。 2022年北京冬季オリンピックで日本の記録的なメダル獲得で彼らの認知度は高まり、平野あゆむが日本初のスノーボード金メダルを獲得しました。 コロナ19以前のブームに観光客の資金が流入されたことで、大型リゾートは数十年ぶりに新しい施設に投資しています。 最近、北海道のルスツリゾートを旅行中に、私はアニメーションロボットのような泡の時代のキッチが徐々に高級ワイン、自家製ビール、インスタグラム用の照明ショーに置き換えられていることがわかりました。 今年のアルプスの雪が降らない斜面に比べて、日本の最高のコースは、特に最近の日本の多くの地域を麻痺させた途方もない吹雪の後、濃い粉で覆われました。

しかし、現在の人口の3%だけがスキーやスノーボードを楽しむという。 これは1998年の14%から減少した数値です。 小規模リゾートは休業し、2000年以来運営されている数字は3分の1に減少しました。

日本スキーの起源は、1911年オーストリア-ハンガリー軍少佐が新潟地域住民に初めてスキーを教えたと言います。 第二次世界大戦以来経済が成長し始め、新しい富の象徴となり、1980年代の泡経済で急増しました。 冬季スポーツ人口は1998年に1,800万人で頂点をとりました。 当時、長野は2番目の冬季オリンピックを開催し、スノーボードの怪我は追加の力を与えました。 新しい超高速列車路線と高速道路は、かつて遠く離れていた目的地を東京広域地域の3,600万人に提供します。 1972年開催国の札幌は2030年を狙っている。

それまで、どのくらいの地元の人々が参加するのでしょうか? 日本生産性センター(Japan Productivity Center)が発行したレジャーホワイトペーパーによると、2020年にスキーやスノーボードに乗ると答えた人は430万人に過ぎませんでした。 感染症は、個人が家にとどまり、数学旅行がキャンセルされ、さらに落ち込んでいます。

確かに、より南に住んでいる人が習慣を維持するのは難しいです。 積雪量の減少により、九州と本州南部のリゾートが荒廃し、一部は季節ごとにクラウドファンディングを通じて運営を維持しています。 近くの住民に食べ物を提供し、しばしば数人のリフトだけを持つこのリゾートは、特に人工の目を供給する必要がある場合、上昇するエネルギー価格のためにさらに困難に直面しています。

しかし、いくつかの最高の雪原にも同じ減少が反映されています。 問題は簡単です。 これらの趣味は高価で体に群がる可能性があります。 後者はますます高齢化している人口を市場の外に移動させる。 前者はすでに給料の少ない若者が楽しむことができることを意味します。

ある調査によると、機器、旅行、宿泊費は冬のスポーツを楽しんでいない最大の理由です。 マニアなら次のことを理解します。 これは財布のために真剣に必要な趣味になることができます。 この国は新幹線と地方空港の印象的なネットワークを誇​​っていますが、国内旅行は安くはありません。 そこに毎年何かを取り替える必要があるシジフの仕事である装置のリースか購入費用を加えなさい。 ある調査によると、1日のリフトチケットの平均費用は約6,000円(46ドル)です。 Rusutsuのリゾートは今年の価格を35%引き上げました。 自家製ビールバーを建てるには、お支払いください。

リゾートが価格を引き上げなければならず、より長く滞在し、より多くを費やす外国人に有利に内国人を押し出さなければならない悪循環です。 海外資金もリゾートやスキータウンを支えるために重要です。 1990年代後半、オーストラリア人がパウダースノーについて初めて噂を広げた後、海外訪問客が40倍も急増した北海道村ニセコよりも目立つところはありません。

他のリゾートが枯渇するにつれて、需要が増える可能性が高くなります。 JR Eastはすぐに新幹線を北海道に広げ、乗客を東京からNisekoとRusutsuからわずか数分の駅に連れて行きます。 一部の予測によると、気候変動により北海道やその他の北部内陸山岳地域では、実際に雪がより多く降りると言われています。

日本は19歳に1年間無料リフトパスを提供するなどのイニシアチブを通じて減少する冬季スポーツ人口を阻止しようと努力しました。 最近のDeloitteレポートは、一般的なカフェテリア料金ではなく高級レストランで、周囲の環境を改善して諦めたかもしれない年齢のスキーヤーを誘惑することをお勧めします。 しかし、同じ報告書は自宅でスキーをする機会がほとんどありませんが、現金は多くの東南アジアと中国の観光客をターゲットにすることをお勧めしました。

これらすべてが市場の分岐点の増加に貢献します。 ニセコを見ると、豊かな外国人の口当たりにもっと合うリゾートがある。 かつて古典的なヨーロッパの旅先をモデルにした賑やかなスキータウンだった野沢温泉は、今やフラットホワイトとアボカドトーストでいっぱいで、2015年近くの新幹線駅がオープンし、東京からより簡単にアクセスできるようになりました。

小さなリゾートが消え、お金が他の地域に集中するにつれて、スキー場は徐々にモルディブやバハマの高級ホテルのようになります。

Bloombergのコメントでもっと見る:

•最近スキーは間違っているようです:Andreas Kluth

•会社に賃金を引き上げるのは答えではありません:Gearoid Reidy

• 近所のショッピングモールでスキーに乗っていますか? なぜダメ?: レティシア・ミランダ

このコラムは、編集委員会、Bloomberg LP、および所有者の意見を必ずしも反映しているわけではありません。

Gearoid Reidyは日本と韓国を扱うBloomberg Opinionコラムニストです。 彼は以前、北アジアでニュース速報チームを率いて、東京次局長だった。

このようなより多くの物語は で見ることができます。 bloomberg.com/コメント

READ  ウォールストリートの上昇と中国支出の中で日本の日経指数が全体的に上昇
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours

すべての時間の15最高の日本のドラマ映画

COVID段階緩和後、2022年に日本に入国する外国人が急増しました。