トップニュース

日本人口の半分以上が追加注射を受けた。

日本の人口の半分以上が3番目のコロナ19ワクチン接種を受け、65歳以上の人口の86.9%が予防接種を受けたと政府データが月曜日明らかにした。

しかし、20代と30代の予防接種率はそれぞれ30.1%、33.2%で、一般人口に比べて依然として低い水準だ。

COVID-19ワクチンは、初期の疑いにもかかわらず、ウイルスのオミクロン変異体の拡散を防ぐのに有効であることが証明されており、健康の専門家は人々に最新の予防注射を受けるように勧めています。

近江茂日本政府のコロナ19首席補佐官が2022年2月5日、東京大手町地域の大規模予防接種センターで3番目のコロナウイルスワクチン接種を受けている。 (刑務所)

保健省によると、4~10日20代10万人当たりの感染者は未接種者が766人から100日接種した人は306人、3次接種した人は141人に減った。 他の年齢層でも同様の傾向を示した。

「結果は、(ワクチン)がすべての年齢の感染を防ぐことができることを示しています。 保健福祉部専門家パネルを率いる感染病研究所。

シンガポールやイギリスなどの国では、追加の注射予防接種率が高い。 シンガポールの割合は土曜日現在73%に達しています。

日本南西部の長崎大学で行った研究によると、16~64歳の間で3回目のワクチン接種がオミクロン株の発症を予防するのに69%の効果があるのに対し、2回だけ接種した人々は43%でした。

千葉大学病院と神戸大学の研究でも、三次接種がある程度効果があるという結果が出ました。

保健省によると、医療機関が報告した米国産モザーやワクチ​​ンとファイザーワクチンの両方で、3次接種による副作用は3月20日基準の総接種回数の0.01%未満だった。

保健福祉部が医療系従事者の副作用を分析した結果、発熱、頭痛、疲労などがあったが、ほとんどは数日以内に消えた。 10日以上続く副作用はまれでした。


関連する適用範囲:

Omicronとの社会活動を中断する必要はありません:Japan COVID Advisor

コロナ19国境管理緩和後3万人の外国人留学生日本入国

日本、空港到着時のOmicron XE変種初の事例確認


READ  IHG、日本でVocoブランドデビュー – Business Traveller

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close