トップニュース

日本人男性、韓国を破ってEAFF E-1選手権を獲得

日本が水曜日に韓国を3-0に破り、2番目の東アジアサッカー連盟(E-1)チャンピオンシップであり、4大会で初優勝を果たした相馬由紀(Yuki Soma)が後半初め絶妙なゴールで氷を破った。

韓国は2勝1敗で本選に進出し、トヨタスタジアムで引き分けを収めた4連敗を達成したが、日本は2勝1舞で完走した。

日本の相馬由紀(C)が2022年7月27日、日本中部愛知県トヨタスタジアムで開かれた東アジアサッカー連盟E-1チャンピオンシップ後半戦韓国との試合でヘディングで先制ゴールを入れている。 (刑務所)==刑務所

サムライ・ジャパンのハジメ・モリヤス監督は「選手たちが本当に上手だった」「みんなの決意でJリーグと日本サッカーの地位を高めた」

韓国は多くのシェアを持っていましたが、ほとんど脅かさず、日本は後半を支配しました。

横浜Fマリノスのミッドフィルダージョエルスカート藤田が右から完璧な斜線クロスを飛ばし、名古屋グランパスの相馬がホーム球場から前半49分ホームにヘディングするようにした。

佐々木翔が27日、日本中部愛知県トヨタスタジアムで開かれた東アジアサッカー連盟E-1チャンピオンシップ後半戦、韓国との試合で日本の2番目のゴールを決めた後、歓呼している。 (刑務所)==刑務所

サンプレッチェ広島のディフェンダー佐々木ショーは15分後にコーナーキックをヘディングして2-0にした。 2分後、Shonan BellmareのShuto Machinoが堅牢なビルドアップを完了し、逆転しました。

日本の町野秀人(右から2回目)が27日、日本中部愛知県トヨタスタジアムで開かれた東アジアサッカー連盟E-1チャンピオンシップ後半戦韓国との試合で得点している。 (刑務所)==刑務所


関連する適用範囲:

サッカー:日本、中国、引き分けでシェアをゴールに変えることができない

サッカー:日本が香港を西村、相馬、町野中括弧で攻撃


READ  「青緑色」水素は日本に脱炭素化の新しい道を提示します

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close