日本仏教団体創価学会の池田大作会長が95歳で別税した。

1 min read

有名音楽家ハービーハンコックなど有名人らが所属した日本仏教団体創価学会の池田大作会長が95歳で死亡したと日本宗教団体が土曜日明らかにした。

池田は詳細は明らかにしないまま声明を通じて11月15日、東京にある自宅で「自然史」で死亡したと明らかにしました。

池田先生は、2人の前任者と共に現代に日蓮仏教を復活させ、善の哲学、他人に対する尊重、幸福と平和の哲学を強調することで、現代の修行者たちが仏教により容易に接近できるようにした功労を認められています。

創価学会によると、創価学会は192カ国に設立され、日本内では800万人以上の会員家具を保有しており、日本以外の地域では約300万人の会員を保有しています。

教育者、写真家、詩人の池田先生は、1975年に創価学会インターナショナル(Soka Gakkai International)を創立し、海外への教えを広めるのに重要な役割を果たしました。

彼は池田が19歳だった1950年代に、創歌曲会第2代会長の戸田総成(Josei Toda)に会いました。 池田は教えを受け入れ、戸田を自分のメンターとして受け入れました。

苦しみの重要性を強調するいくつかの宗教とは異なり、池田先生は幸福について頻繁に話し合い、肯定的な側面を強調しました。

「他の人が幸せになるように助ければ私たちも幸せになる」という彼がよく表現した考えだ。 池田にとって幸福とは「自分に真実になること」であり、これを通じて幸福が無限に大きくなると信じました。

池田さんは1928年1月2日、東京で海藻農家の息子として生まれました。 10代の時に目撃した戦争の惨状は彼に深い影響を及ぼし、その経験を通じて彼は一生を平和のために捧げることを誓うことになったという。

創価学会の会員の基本的な仏教の遂行は、聖典、すなわち仏の教えの一部を読み、他の人とメッセージを共有し、彼らが困難に直面し、問題を克服できるようにすることだと組織によると。

池田は1960年創価学会の第3代会長に選出されました。 彼は特に国際界で現代成長に向けた「平信徒仏教運動」を導きました。

彼は個人の可能性を高め、平和と社会貢献の重要性を教えるために、宗教とその価値に基づいた学校制度を設立しました。 幼稚園から大学院まで運営され、東京とカリフォルニアにある大学を含みます。

有名なジャズ・ピアニストのハンコックに加えて、サックス奏者で作曲家のウェイン・ショーターとドラマー・ケンウッド・デンナードが創価学会に改宗しました。

「ジャズの根はアフリカ系アメリカ人の経験から始まりましたが、私はジャズが実際にすべての人に共通する人間の精神の高貴な側面、すなわち最悪の状況に対応し、何かを創造する能力から発展したという感じを常に受け​​ました。 あるいは、仏教で言うように、毒を薬に変えることは大きな価値があります。」 ハンコックは、ショーターと池田と共同執筆したジャズと仏教に関する本で語った。

ハリウッド映画俳優オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)、ケイト・ボスワース(Kate Bosworth)、故(故)歌手ティナ・ターナー(Tina Turner)など、他の有名な西洋俳優、作家、スポーツスターも創家学会に関心を表明しました。

池田は日常生活で死の避けられない性を認識することについてよく話し、「私たちは永遠のことを追求し始め、人生のあらゆる瞬間を最も価値のある活用に決めることになります」と話しました。

池田の遺族には妻金子、息子広正、高広があります。

すでに近い家族が集まった非公開の葬儀が行われました。 公開記念式日は後で発表されると、創価学会は声明を通じて明らかにしました。

READ  今週、国際オリンピック委員会(IOC)がユタに来る
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours