エンターテインメント

日本企業、スマートフォンに保護フィルム付有料サービス開始

ドコモ、日本最大の通信事業者、発売 フィルム貼付サポート プログラムですが、 費用がかかる

ほとんどの携帯電話会社と同様に、 ドコモ 電話サービスとデータプランのみを提供するものではありません。 当社はまた、他の人にはない特定の要件や懸念があるお客様に、さまざまな追加のサポートとアフターサービスのオプションを提供しています。

たとえば、Docomoは最新のオプションサービスです Firumu Haritsuke Sapoto、翻訳 「フィルム貼付サポート」 それで、それは何を伴いますか? Docomoによると:

「ドコモショップでお客様の保護フィルム代理申請をいたします。」

つまり、 Docomoのスタッフがスマートフォンの画面に保護フィルムを貼り付けます。、フィルムを破ったり、その下に不要な気泡を閉じ込めたりすることなく、すべてのガラスを適切に覆うような不快感や不安から逃れることがあります。

しかし、 知っておくべき2つのこと。 まず、Docomo Selectブランドフィルムを使用している場合にのみサービスを使用できます(Domeglassサブブランドを除く)。 第二に、 フィルム付きサポートは無料ではなく、サポート費用は1,100円(US$9.60)です。。 はい、1,760~4,620円のほか、ご希望の特定のモデルに応じてDocomo Select保護フィルムもお支払いください。 手数料1,100円は店頭ですぐにお支払いいただくか、来月の電話料金に反映することができます。 ドコモブランドのフィルムを使用しなければなりませんが、ドコモのお客様である必要はないようです。 他の通信会社でもフィルム付きサポートサービスをご利用いただけるからです。

▼適切な保護フィルムは、傷、傷やジューシーなハンバーガーの水滴から画面を保護するのに役立ちます。

安定した手と敏捷な指を持つ人々にとって、1,100円は数秒でできることについての情報高速道路の強さのように見えます。 しかし、 Twitterのレスポンスはまた、費用を支払っても専門的な支援を受けることにある程度の関心を示しました。、以下を含むコメントが含まれています:

「私はフィルムを正しく合わせるのがひどいので、この点について非常に満足しています。」
「1,100円って? 500にします。」
「いつも気泡が発生しているので、今は携帯電話にフィルムがありません。だからこれは私にとって本当に役に立ちます」
「私の次の電話ではこれをするようだ」
「ドコモブランドフィルムを使ったらこんなものを出すのがちょっと愚かではないですか?」
「Docomoは常に顧客からより多くの現金を引き出す方法を探しています。」
「私はいつも最初に台無しにして他のシートを買うのに3,000円を使う必要があるので、自分が何をしているのかを知る人に1,100円を提供するのは手頃な価格です。」

Docomoは12月20日からサービスを提供し始め、その時期は重要かもしれません。。 来年から日本の電話ネットワークはスマートフォンではなく携帯電話へのサポートを中止し始め、最後に耐えている人々の多くは高齢者です。 新年が日本最大のショッピングシーズンのひとつであるため、多くの高齢者が今後数ヶ月間初めてスマートフォンにアップグレードし、慣れていないことをするとき、もはや手に負えない手に頼るのではなく、保護フィルムを貼る作業、 Docomoの従業員に1回限りの費用を支払う作業は、おそらく悪い取引のように聞こえないでしょう。

出典:ドコモ(12)を通して Keitai Watch ~経由 オタコムTwitter
トップ画像: パクタソ
画像の挿入: パクタソ (編集者:SoraNews24)
●ソラニュース24の最新記事が浮かぶとすぐにニュースを聞きたいですか? Facebookで私たちをフォロー そして Twitter

READ  ドリフトは映画の中でクールで、ビデオゲームではさらにクールです。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close