日本企業、フィリピン経済に楽観的

1 min read

大統領公報室(PCO)によると、マルコス大統領はファンデミック以後、JCCIが派遣した最初の経済使節団であるマラカナンで日本商工会議所(JCCI)指導者たちに会いました。

フィリピンのマニラ – 日本企業は、近年、フィリピンの継続的な「安定的」と「高水準」の経済成長により、フィリピンへのより多くの投資を求めているとMalacañangは昨日述べた。

大統領公報室(PCO)によると、マルコス大統領はファンデミック以後、JCCIが派遣した最初の経済使節団であるマラカナンで日本商工会議所(JCCI)指導者たちに会いました。

JCCIケン小林議長は、社会保障と人的資本開発に焦点を当てたマルコス政権の8大社会経済的議題を引用した。

また、投資誘致、デジタルインフラの強化、グリーン経済の促進などを確立し、これを通じて雇用拡大と創出を目指しています。 そして、これらの分野で両国間の協力がさらに促進されると期待されています」と小林は大統領に言いました。

彼はアジアでフィリピンの重要性に言及し、外国への使節団派遣を再開した後、まずフィリピンを訪問することに決めたと述べた。

これに対し、大統領はインフラ開発の面でフィリピンに対する日本の継続的な支援を認めた。

広告する

続行するにはスクロールしてください。

Marcosは、インフラ開発、再生可能エネルギー、デジタル化、通信を推進することに加えて、フィリピンは農業と気候変動の適応を優先していると述べた。

「気候変動という深刻な問題があります。 これは、過去に実際に処理する必要がなかった問題です。 しかし、それは現在存在しており、私たちは特にここフィリピンですでに気候変動の影響を感じています。」

「また、私たちは農業部門の発展に最優先事項を置きました。 そしてまた、私たちは農業分野について日本側と非常に興味深い議論をしました。 そしてそれは私たちができると思います。 私たちは進化し続けなければなりません。 言い換えれば、農業は気候変動の影響に大きく影響されるため、気候変動という主題が議論の一部になります」と彼は言いました。

小林によると、JCCIは大企業から中小企業まで125万企業を保有した日本最大のビジネス組織だ。 この会議所は、日本全域で515の地域会議所で構成されています。

READ  IMF元エコノミストのブランチャード(Blanchard)は、金利引き上げで日本が景気後退に陥る可能性があると述べた。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours