日本企業、低出産に「危機感」を感じる:世論調査事業部門

0 min read

東京(ロイター) — ロイターの毎月の世論調査によると、日本企業10社のうち9社以上が国家の急速な出産率の減少に危機感を感じており、岸田文夫首相政府が出産率の下落を防ぐことができるという希望を持った人はほとんどいないことがわかりました。

岸田首相は去る3月、自民党の相次ぐ政権下でさらに悪化した問題である出産率の傾向を戻す計画を発表した。

児童手当拡大、有給育児休業拡大、不妊治療費支援などが含まれた措置は、政府が昨年年間出生児数が予想より8年早く初めて80万人以下に落ちたと明らかにした後に出たものだ。

ロイターが調査した約500社の主要企業のうち、94%が2022年の出生児の減少に対して危機感を感じたと答えた。 いいえ。 回答した残りの会社は意見を表明しませんでした。

運送機械会社の代表は会社を明らかにしない条件で「自民党の対応は票確保に関するものだけで問題を真剣に扱わない」と話した。

他の主要産業経済局と同様に、日本は退職年齢を高め、人口の高齢化に応じてより多くの女性が働くことを奨励しています。 しかし、一部の国とは異なり、雇用を埋めるために多数の外国人労働者を見つけることはありませんでした。

ある食品会社関係者は「海外販路開拓と外国人労働者の活用も必要だ」と話した。

日本の平均年齢は、49歳で都市国家であるモナコに続き、2番目に世界で子育て費用が最も多い所の一つです。

岸田政権は、保育への政府支出を倍増する見込みの出生率イニシアチブにどのように資金を供給するかについての詳細を来月に発表すると述べた。

ロイター世論調査では、企業の54%が政府が支出増加分を支払うために税金を引き上げたいと言っており、その半分に少し足りない消費者が支払う販売税の引き上げを望んでいると述べた。 企業の18%だけが政府借入の増加を促しました。

5月10日から5月19日まで、日経リサーチがロイターのために実施したロイター企業アンケートは、246社のメーカーと247社の非製造業者を含む493社の非金融日本大企業を調査しました。

彼らは匿名を条件にアンケートを行い、回答者がより自由に話すことができるようにしました。

READ  5月24日、日本でお会いできるのを楽しみにしています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours