経済

日本企業、環境にやさしいエネルギーのためのアラスカにおけるアンモニア製造研究

10月4日(ロイター) – アラスカガスライン開発工事(AGDC)は火曜日、日本三菱商事(8058.T)、TOYO Engineering Corp(6330.T)およびHilcorpとともに注意クックインレット地域でアンモニア生産の妥当性を調査すると言った。 アラスカ。

AGDCは、4社が「アラスカLNGプロジェクトを通じてサウスセントラルアラスカに供給されるNorth Slope天然ガスを活用して無炭素アンモニアを生産する商業的妥当性を評価することに合意した」と述べた。

アラスカ国営AGDCは、水素が豊富な燃料生産から排出される二酸化炭素(CO2)を捕捉し、「世界レベルの炭素隔離の可能性」を持つCook Inlet盆地の地下に貯蔵できると付け加えた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

世界5位のCO2排出国である日本は、2050年の炭素中立目標を反映し、エネルギーで燃やす際にCO2を排出しない燃料アンモニアに対する需要を現在0から2030年まで年間300万トンに増やすことを目指しています。

アラスカからアジア市場へのアンモニアの輸送に関連するコストと排出量は、米国湾岸沿いに比べて低いとAGDCは述べた。

日本企業はまた、気候変動に対抗するために、より環境に優しいエネルギーのグローバルサプライチェーンを構築するための努力の一環として、アンモニアとメタノールを生産するためにカナダのアルバータ州に投資を検討していると地方大臣は月曜日に述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

バンガロールでDeep Vakilの報告。 リサ・シュメーカー編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  台湾、世界の経済自由指数で歴代最高順位を達成

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close