経済

日本企業、PH経済展望への投資を促す

財務大臣カルロス・ドミンゲス3世 (ファイル写真)

マニラ – カルロス・ドミンゲス3世財務長官は、日本の投資家の前で強力な財政状態とドゥテルテ政権の版図を変えるイニシアチブが裏付けるフィリピンの「明るい経済展望」を見せ、「新しくより良い」国への転換に参加することを促しました。 感染症後の回復。

フィリピンは、インフラ開発、製造、デジタル技術、再生可能エネルギー(RE)および研究開発(R&D)の分野で日本とのビジネスパートナーシップを強化できると強調しながら「フィリピンは新しく、より良い日常のための準備ができています」と強調しました。 )活動。

「私たちは難しいエピソードを経験し、私たちの機関が私たちの国民を安全かつ繁栄するのに十分強力であることを証明しました。 私たちは、より包括的な経済への安定した回復のためにしっかりとした基盤を築きました。 「私たちはこれを行うために必要なものを持っています。」

彼は、フィリピンのビジネス環境のこの「ゲームチェンジャー」には、フィリピンの官僚集団全体で急速に進行するデジタル化プログラムが含まれていると述べました。 法人所得税(CIT)改革法の適時通過国家IDシステムの構築。 事業の容易さをさらに改善するための措置。 ロドリゴ・デュテルテ大統領の署名プログラム「ビルド、ビルド、ビルド」による国家インフラの継続的な近代化。 気候変動の影響に適応し緩和するための政府の野心的な計画。

フィリピンのワクチン接種の拡大により、コロナ19(Covid-19)感染が着実な速度で減少している間、Dominguezは、経済チームの初期評価が新年が始まると経済が完全に再開できることを再確認しました。 。

Dominguezは、予算援助と100万ドーズのAstraZenecaワクチンの寄付を通じて、フィリピンがファンデミックと戦うのを助けた日本政府と国民に感謝を表明しました。

彼はフィリピン最大の公的開発支援(ODA)提供国であるだけでなく、日本はフィリピンを含む様々な高額プロジェクトを包括する26の継続的な融資を通じて「建設、建設、建設」プログラムの強力なスポンサーだと述べました。 最初の地下鉄道システム – メトロマニラ地下鉄。

コロナ19にもかかわらず、日本からの年間外国人直接投資(FDI)の流入はファンデミック以前の期間に比べて減少しませんでしたが、45%増加し、ドゥテルテ大統領執権当時フィリピンで2番目に大きいFDI供給源となりました。

日本はフィリピンの最大輸出市場でもある。

「これらすべては、日本が私たちの発展ストーリーで貴重なパートナーになったことを示しています。 私たちは、日本が引き続き私たちの経済復活に核心的な役割を果たすと楽観する」と述べた。

Dominguezは、FDIの急増、健全な財政状態、持続的な財政規律とともに、第3四半期の経済成長率7.1%が、今年第4四半期の国内総生産(GDP)の実績を改善すると期待すると述べた。

彼は「経済の見通しが明るくなって移動制限を緩和し続け、第4四半期にはより良い実績を出すと期待する」と付け加えた。

日本の投資家を「(フィリピンの)版図を変える事業に参加するように」招待し、Dominguezはデジタル経済への移行のための政府の措置を引用しました。 徴収対象、証券取引委員会(SEC)、財務省(BTr)が開始したなど、広範で包括的な資本市場を開発するためのオンライン取引の移行。

ドミンゲスはまた、現在の企業に感染症から回復するのに役立つ最大の試合扶養パッケージを提供し、より高い価値とより多くの価値を創出するよう奨励するために、財政インセンティブシステムを近代化した企業回復および税インセンティブ法案(CREATE)の適時通過を強調しました。 雇用創出投資と国家革新。

彼は「CREATEを通じて特に製造、デジタル技術、再生エネルギー、研究開発活動分野で日本との投資及びビジネスパートナーシップを強化する機会を見ている」と付け加えた。

Dominguezは、CREATEはフィリピンをより企業に優しくするためにドゥテルテ政権が始めた他の改革努力を補完すると述べた。

これには、形式的行為防止法(ARTA)、事業容易性法(EODB)、「構築、構築、構築」、および国家IDシステムの構築などが含まれます。

2018年8月、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が署名したRepublic Act 11055またはPhilippine Identification System Actは、すべてのフィリピン人および居住外国人のための単一の国IDを設定することを目的としています。

住民登録証は、公的および私的取引、学校登録および銀行口座の開設を簡素化する手段となる有効な身分証明でなければなりません。

また、特に人々が取引中にPhilIDを提示するだけである政府サービスを処理する際の効率性を高めるでしょう。

Dominguezはまた、フィリピンは人口統計学的「スイーツスポット」を最大限に活用すると述べました。 ここで若く才能のある人口は、世界中の経済で起こっている変化にすばやく適応する準備ができた人材を意味します。

彼は、ドゥテルテ大統領の残りの任期は、ガバナンスを急速に近代化し、インフラプログラムの発売を加速することに集中すると述べた。

彼は「インフラの近代化は事業拡大のためにこの地域を眺める日本企業に多くの機会を開いてくれるだろう」と付け加えた。

ドミンゲスは、デュテルテ政権は、経済自由化法案と財産評価、受動所得、金融仲介者を含む税改革プログラムの残りのパッケージの通過を議会で推進し続けると述べた。

彼は、起業家が他の持続可能な慣行を循環経済に変えることによって、これらの企業にやさしい措置の影響を最大化するように促しました。 (広報)

READ  トヨタ、新型ミニバン「シエンタクロスオーバー」を台湾で発表 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close