日本企業がウクライナの復興支援機会を探す

1 min read

ロシアの継続的なウクライナ侵攻にもかかわらず、日本貿易振興機構(JTO)は、日本とウクライナ企業との関係強化の動きを支援することによってウクライナ経済の再建を支援することを望んでいます。

この目的のために、組織は木曜日にキエフで日本とウクライナの企業がビジネスチャンスを探すのを助けるイベントを開催しました。

今回のイベントには、物流大企業​​である日本エクスプレスを含む日本企業10社と化学企業エナミンを含むウクライナ企業および機関約20社が参加しました。

日本の国際開発プロジェクトコンサルティング会社パデコ関係者は「戦闘が続いている間、再建過程はすでに始まっている」と話した。

江南関係者は日本企業関係者と会話する機会に感謝を表した。

ネットワーキングイベントは、戦争で被閉鎖された国家再建のための支援を議論するために、2月に東京で開かれた日本-ウクライナ会議に続き、政府連携JETROが主催しました。

日本でウクライナを訪れる人に制限があり、ビジネス環境は難しいです。

それにもかかわらず、片岡すすむJETRO社長は、日本企業が「両足を地面に固め、復興支援に取り組むべきだ」と強調した。

彼は、情報交換のために日本とウクライナの企業関係者との直接の出会いの重要性を強調した。

READ  BOJはインフレのために留保する:上田
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours