トップニュース

日本企業がガバナンスを改善することにより、慎重な管理

JPモルガン資産運用 ゴールドマン・サックス資産運用は昨年、全世界のすべての企業取締役会に女性を置く政策をとって、女性の代表がない会社に投票します。

東京GSAMアジア管理責任者であるクリス・ビルボン(Chris Vilburn)は「最近まで、会社の半分程度が日本の理事会に女性がいない状況に置かれていました。」と言いました。 ポリシーは、グローバルベースで出た翌年の2020年4月以来、同社は取締役会の多様性の欠如を理由に521社に反対票を投じました。 「それは日本だけではかなり多くの会社です。」

Vilburnさんはまだ2021年の数字を見ていない “我々は、より多くの企業が最初の女性を追加することを見ました。」の一部は、複数人の女性を追加しました。 この会社のAUMは$ 2.2兆です。

理事会メンバーの独立性は、また、地域の管理者が慎重に接近しており、数値が改善されていることを示しています。2020年の理事会メンバーの36%が独立して2019年に27%から増加したT. RoweのCiganer氏は言いました。

Harding LoevnerのMs. Sakaiは「日本では、男性社外取締役を見つけることは十分に困難である。した会社で一生働いて、その会社を知るだけで、他の事業で社外取締役として活動できる資格を持った人を探すのが難しい」と述べた。 ニュージャージーブリッジウォーター

小規模な人材プールの現実的な、増加された多様性と取締役会のメンバーの独立性の要件により、管理者は、超過ボーディングには注意が必要です。

キャピタルグループのハーディ氏は、「取締役があまり座っているのを見たくない」と話した。 同社は、適切な資格を持った女性理事会は、複数の理事会の専門知識の高い需要のために過度に増えることを知っています。 “彼らは別の方向に引っ張られています。私たちは、理事会の時間約束と方法のより集中議論を通じて超えボードについて実用的です。技術は進化しています。」

ノイバーガーフェル 役員は、すでにオーバーボードを高い関心を受けている一部の女性理事に深刻な問題と見ているとOkamuraさんは言いました。 役員は、日本で5人の社外取締役の役職を務めた女性に会った。 自分のビジネスを所有し、公共機関の顧問でもあります。

そしてHarding LoevnerのMs. Sakaiは「現在、多くの社外取締役が過度に拡張されているという事実のために困難を経験しています。一度した理事会に入ると、数百の企業が、それらに質問するので、彼らはいくつかの理事会に座っています。私たちは、彼らが効果的に勝つたいが、会社のが過度に拡張された社外取締役を指名すると、それらに反対でしょうか?非常に厳しい状況です。」

会社で危機が迫れば、そのような個人の時間の要求がすごくます。 「これは我々がオーバーボードを検討する理由です」とOkamura氏は言いました。

READ  保健省エラーが原因で、毎日300人の日本到着が検疫規則に違反したと報告しました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close