トップニュース

日本企業がプラスチックごみを減らすイニシアチブに参加

環境保護NGOと日本の10の主要企業が協力して、プラスチック廃棄物を減らすための努力を強化する計画です。

WWF Japanは、プラスチック汚染を解決するための努力の一環として、このプロジェクトを開始しました。 飲み物や消費財のメーカーが参加者の一つです。

10社は2025年を目指し、不要な使い捨てプラスチックの使用を排除し、代替素材に切り替え、リサイクル素材の使用に対する野心的な目標を設定するために共同で努力する。

飲料会社Suntoryは、すべてのペットボトルでリサイクルまたは植物ベースの材料の割合を今年から重量ベースで50%以上、最終的には100%まで高める計画だと明らかにしました。

生活用品メーカーのユニレバージャパン(Unilever Japan)は、包装を少なく使用するためにシャンプーの重量別販売を考慮すると発表した。

年間約800万トンのプラスチック廃棄物が世界中の海に流れ込むと推定されています。 この問題は今月末から始まる国連環境総会で議題として想定される予定だ。

WWF JapanのTobai Sadayoshi CEOは、プラスチック汚染が野生動物にとって脅威となり、彼の組織が危機を防ぐための計画を推進すると述べました。

READ  日本とアメリカ、尖閣防衛のための共同訓練の実施

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close