日本企業が海の下でアルコール熟成申請を開始

Estimated read time 1 min read

日本の北海道のある企業が一般大衆に瓶詰めした酒の海洋熟成サービスを公開し、人々がスマートフォンを通じて病気が熟成される様子を見る機会を提供しています。

日本本島最北端地域に本社を置く北海道海洋祭は、海底でお酒を熟成させたい一般人からの申請を受けています。

申請は3月20日に始まり、北海道の海岸で飲み物を浸したい人のために4月19日まで維持されます。 その後、2024年6月30日から2025年6月29日までボトルが海に降ります。

サービス費用は保管ケージあたり105,600円(551ポンド)で安くはありません。 しかし、価格には、浸水、モニタリング、メンテナンス、ワックスシール、保険料が含まれます。 各ケースには12本を入れることができ、すべてのボトルが同じ酒である必要はありません。 参加者はウイスキー、ジン、ラム酒、テキーラ、焼酎、酒、ワイン、スパークリングワイン、シャンパン、リキュールを組み合わせて熟成できます。 ただし、ボトルの形は一般酒やワインボトルとほぼ同じでなければなりません。

当サービスは当初はワインを熟成させようとする酒醸造所やレストランを含む企業を対象としていましたが、今月大衆に公開されました。

北海道海洋祭(Kaiyo Matsuri)もモニタリングサービスを提供しているという。 ソラニュース24太陽熱カメラを1日24時間地下室に照らして、参加者が1日24時間海洋老化事例を見ることができることを意味します。

北海道は3つの海に囲まれています。 島西側には日本海、北側にはオホーツク海、東側には太平洋が接しています。

深い水は、ワインが完全な暗闇の中で一定の温度に維持されるため、天然貯蔵庫の効果を模倣します。 これらの条件により、得られるフレーバー、色、香りを増幅することができます。

日本では深海老化が進んでいるようです。 東京に本社を置く広報会社は、日本の鹿児島県地域経済の活性化を支援するため、先月、新しい海底ワイン熟成プロジェクトを開始しました。 ここでその物語をよく読んでください。

READ  日本の小説家村上に専念された図書館、東京に開館| 事業
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours