トップニュース

日本企業の半分は、政府が価格の引き上げにさらに多くの措置を講じてはならないと考えています。





岸田文夫日本首相が2022年7月14日、東京で記者会見をしている。 (刑務所)

東京(刑務所) – 日本企業の約半分は、ロシアのウクライナの侵略と円の弱さのためにエネルギーと材料のコストが高まっているため、高騰した価格の影響を抑えるために政府はより多くの措置を講じる必要があります。思うそうです。 信用調査会社の最近の調査によると。

帝国データバンクが実施した多重回答調査で、政府がどのような経済対策に集中することを求める質問に、企業の50.8%が金融支援、ガソリン税引き下げ、購買費補助金を選択した。

岸田文夫首相は今月初め、参議院選挙で主な争点である高騰法案に対処するため、家計や企業を迅速に支援すると約束しました。

岸田首相は木曜日の記者会見で、政府はこのため予備資金として約5兆5000億円(400億ドル)の一部を使う計画だと述べた。

合計22のアンケート調査で、回答者の43.1%と42.4%が消費者支出を増やし、安定した電力供給を確保できる方案を選択した。

業種別では、原油価格の上昇で困難を経験する輸送・倉庫業者の72.7%が政府の対策が必要だという回答を選択した。

7月1日から4日まで全国で行われたオンラインアンケート調査によると、米ドルやその他の主要通貨に対して円が急激に下落している間、1,926人の有効な回答を受けた28.2%が政府が為替レートの変化に対処することを望んでいます。と言った。 。

回答者の中のある建設金属企業の関係者は「政府が表面的な補助金や減税よりは根本的な政策に取り組むべきだ」と話した。

帝国データバンク報告書は結論で「政府は賃金引き上げ、生産性向上、(国内企業)国際競争力強化のための支援措置などの中長期的な観点から成長戦略を推進しなければならない」と述べた。

READ  Shinji Murakami、日本でCognizantの700人のチームを率いています。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close