経済

日本企業の軟骨伝導ヘッドホンはユーザーと心金を鳴らします。

読売新聞
Audio-Technica Inc.の軟骨伝導ヘッドフォン

東京に本社を置くオーディオ機器会社の世界初の軟骨伝導ヘッドフォンは、10月発売以来ますます関心を集めています。

オーバーイヤーまたはインイヤーのリスナーとは異なり、Audio-Technica Corp.の新しいワイヤレスヘッドフォンは耳に掛け、軟骨を介して音を伝えます。

軟骨伝導は、音波が鼓膜を振動させて内耳に情報を伝達する空気伝導と頭蓋骨の振動を内耳で直接受けて伝達する骨伝導に続いて「第3の聴覚経路」と呼ばれる。 青神経を通して脳へ。

新しい道は、2004年に国医科大学の学長、細井博生によって発見されました。

軟骨を介して音が伝わるので、新しいヘッドフォンは、ユーザーの頭蓋骨にヘッドフォンを押すために強い圧力を使用する骨伝導とは異なり、多くの圧力を加える必要はありません。

軟骨伝導は、騒音が少なく空気伝導に似た自然な音を提供するため、一部の補聴器にも使用されます。

Audio-Technicaは、軟骨伝導に関する特許を保有している京都府セイカの会社であるCCH Sound, Inc.とライセンス契約に基づいてヘッドフォン(モデルATH-CC500BT)を開発しました。 消費者製品で軟骨伝導を実用化した最初のこの新製品の小売価格は17,600円です。

ヘッドフォンはよく受け取りました。 外耳道を隠したり、止める必要がなく、出退勤中に列車案内放送など周辺の音を逃さない。

会社関係者は「予想よりもよく売れている」と話した。 「軟骨伝導ヘッドフォンは、今後主流の技術になる可能性が高い」

他の多くの電子製品メーカーや技術会社で軟骨伝導に関心を示したそうです。

聴覚の先駆者ホソイ(74)は、「視覚に比べて聴覚の技術発展が遅れた。 軟骨伝導はメタバスと水中でも活用されると予想されるが、より多くの人々がこの技術を知ってほしい」と話した。

READ  「高いフレームレートでゲームであれば、Intel "は本当なのか? Core i9とRyzen 9ゲームのパフォーマンスを比較してみた - AKIBA PC Hotline!

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close