経済

日本企業の40%以上が1年以内に価格を引き上げるという調査結果が出た。

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ファンデミック(世界的大流行)とロシアのウクライナ侵攻による材料費の上昇で、日本企業の40%以上が1年内の価格引き上げを予告したと信用調査機関がある調査で明らかにした。

テイコクデータバンクが先月初めに1,855社を対象に実施したアンケート調査で、43.2%の企業が4月に価格を引き上げたか、来年3月末までに引き上げると答えた。

10月と3月の間にすでに価格を引き上げた企業と合わせれば、この割合は全体の64.7%に達すると、帝国データバンクは言った。

しかし、16.4%は、顧客が望んでも高コストを転移できないと述べた。 7.4%だけが1年以内に価格を引き上げる予定はありません。

大流行とロシアの継続的なウクライナ侵攻により、小麦から原油に至るまで、すべてのコストが上昇するにつれて、ますます多くの日本企業が長年にわたりデフレを経験した国でより高い価格で製品を販売しています。

調査によると、北海道の食品メーカーは多様なコストが増加しており、「価格を上げなければ会社を運営し続けることができない」と話した。

鉄鋼、化学製品、食品製造などの一部の産業は、消費者にコストを高めますが、運送会社やホテルなどの激しい価格競争に直面した産業は依然として躊躇していると調査会社は言いました。

長崎県に本社を置く運送会社は、アンケート調査で「我々は競争相手が多いため、価格引き上げは受注損失につながるだろう」と述べた。

円安は輸入価格を上げ、生産コストを上げるため、日本企業にとってもう一つの課題です。

テイコクのデータバンクは、「企業の業績への圧迫が依然として強く、当分の価格引き上げを強いられる企業が増えるだろう」と述べた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  インドの需要恐怖、弱い日本の原油輸入は原油価格をたたく

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close