トップニュース

日本企業の3%未満、ロシア撤退、G-7の最低:アンケート調査

経済


最近の調査によると、ロシアで事業を運営する日本企業の3%未満がウクライナ侵攻後に撤退することを決定しました。これはG7諸国の中で最も低い割合です。 相当数の日本企業がロシアから撤退することに注意を払っており、多くの企業が今後の事業再開を希望しながら事業を中断することが分かった。 帝国データバンク(Teikoku Databank Ltd.)がアンケート調査に基づく分析によると、ロシアで活動する168社の日本企業のうち4(2.4%)だけが6月19日までロシアで事業を中断することにした。

刑務所ニュース

刑務所ニュース

READ  日本、固体電池の賞を注視し、グリーン技術の競争に突入

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close