トップニュース

日本企業の60%以上が、今年、東京オリンピック開催を気にする

日本の企業全体の60%以上が日本の低COVID-19の予防接種率の懸念のために、今年の東京オリンピックとパラリンピックの開催を敬遠していると今週の信用調査会社の調査によると。

東京翔子リサーチが6月1日から9日まで実施したオンライン調査によると、回答した9163社のうち34.7%がゲームのキャンセルを希望する一方、29.3%は、ゲームの演技を望んだ。

逆に36.0%の企業が主要なスポーツイベントが予定通り開催されることを望んで答えたが、これは2月に、以前の調査よりも約8ポイント下落した数値です。

複数回答の企業の76.3%がゲームを延期またはキャンセルする理由で低い予防接種率を挙げ、海外でのオリンピックの人員が到着すると、日本のコロナウイルス感染状況を悪化させることができるという憂慮が75.7%となった。

また、63.6%は、このイベントのために医療スタッフを転用することが、日本の一般的な医療システムに負担を与えると答えた。

ゲームのキャンセルまたは延期が事業に与える影響については、回答した4,092社のうち58.8%が「大きなマイナスの影響」を与えると答えた41.2%はその逆と答えた。

READ  JLL、日本にKen Sakuramoto、インド導くRadha Dhir追加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close