日本企業の60%以上が最近円安を否定的に見ている

1 min read

東京(Jiji Press) – 民間部門の調査によると、日本企業の63.9%が最近の円安に悪影響を受けていることがわかりました。

Teikoku Databank Ltd.の調査によると、回答企業の約半分は、1ドルあたりの為替レートが110円から130円未満が適切だと考えています。 ドルは現在150円以上で取引されています。

継続的な賃金引き上げによる消費増加と企業資本支出の増加を確保するためには、企業が増加した材料費を製品価格に反映する勢いを高めることが重要であると研究者は述べた。

円高の下落が利益に役立つという回答は7.7%に過ぎず、影響がないと答えた回答者は28.5%に過ぎなかった。

円安が売上にマイナスの影響を及ぼす企業の割合は35.0%、売上にプラスの影響を及ぼす企業の割合はそれぞれ35.0%、16.0%となった。

ある企業は「輸入原材料とエネルギー価格の上昇を顧客に転換できなかった」と話し、もう一方のメーカーはコスト上昇を反映して販売価格を引き上げ、顧客会社の需要が減少したと伝えた。

調査によると、回答者の1.3%だけが150円以上のドル為替レートが適切だと答えた。

一部では過度な円安の下落に対する対策を政府に促した。

帝国データバンクは水曜日まで6日間オンラインでアンケート調査を行い、1,046社が有効な回答を出した。

READ  日本、新学校指針で学生のAI理解を強調
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours