経済

日本企業は、ミャンマーの不安が大きくなり、ビジネスへの影響を心配しています。

軍事クーデター以来、6ヶ月の間に、ミャンマーの政治的混乱が続き、日本の企業は、ミャンマーで事業をしても、熟練労働者や低賃金労働者を雇用する場合でも、ビジネス戦略の長期的な影響を懸念しています。

ローカルビジネスをしている400以上の日本企業の多くが事業計画を延期する一方、場合によっては2月1日のクーデターと平和デモ隊の暴力的な弾圧以降、軍部との関係を再評価するなどの措置をとるしました。

デモ隊が2021年7月28日、ミャンマーヤンゴンでの軍事クーデターに反対するフラッシュモブデモをしながら行進している。 (NurPhoto / Getty / Kyodo)

例えば、キリンホールディングス(Kirin Holdings Co.)は、2月、国連が軍高官が所有するものでとらえた大企業である、ミャンマー経済ホールディングス(Myanma Economic Holdings Public Co.)とのパートナーシップを終了すると発表した。 キリンは、現在、その計画について交渉中である。

部分的に安全上の理由から、Suzuki Motor Corp.はヤンゴンの2つの工場の稼動を中断し、新しい工場の稼動は9月から延期される可能性があります。 トヨタ自動車もヤンゴン近くティラと経済特区に新しい自動車工場の稼動を演じた。

混乱を懸念するミャンマーの他の日本企業の中であれば、メーカーのエース・クック(Acecook Co.)は、安全性を考慮して、ミャンマーでの生産を停止し、日本人スタッフを家に連れて来た。

スポークスマンは、「見通しがぼやけて、私たちが事業を再開するか、または出発するか知ることができない」と述べた。

一方、日本で働くミャンマーで職人を採用した企業も支障をきたしている。

うどんで有名な日本の西香川県に基盤を置いた面製造装置の大手メーカーであるYamato Manufacturing Co.は、部分的に、この地域の競争力を強化し、そこに生産工場。

Yamatoの社長であるKaoru Fujiiは、日本の若い人たちがエンジニアになりたい人が少ないのに対し、ミャンマーを含む外国求職者は、日本求職者に比べて、英語が堪能で、学ぼうとする熱意がより高いと説明しました。

Yamato Manufacturing Co.のKaoru Fujii社長が2021年7月16日、日本香川県にあるオフィスでインタビューをしています。 (教徒)

彼は状況が急速に改善されるのを見ません。 彼は急増するコロナウイルス感染が、ミャンマーの混乱を加重させていると指摘し、状況が「安定」されるのに数年かかると予想と言いました。

以前に東京で仕事をした5月にYamatoに合流した、ミャンマー出身の24歳のエンジニアHsu Shonlae Thadarは自分の会社で自分のキャリアを開発する機会のために日本にきたクーデターにより経済がより困難になるか心配したました。 彼女の同胞たちもそうするでしょう。

2021年7月16日、ミャンマーのエンジニアHsu Shonlae Thadarが香川県のYamato Manufacturing Co.で働いています。 (教徒)

他違う “、ミャンマーに日本に来るために懸命に働いたが、(クーデターにより)の機会を逃した人が多い」と話した。 「日本社会が、ミャンマーの状況への関心を維持することを願います。」

日本のミャンマー相互協力協会(Association of Japan Myanmar Mutual Cooperation)によると、日本企業はコロナウイルス感染症と政治的不安にもかかわらず、科学と工学の分野で、ミャンマー出身の卒業生を採用することを熱望しています。

日本の非営利団体は、1997年以来、ミャンマーで技術の専門家の交流を促進し、国から来た学生に日本語の授業を提供し、日本企業にそれらを導入するなど、ミャンマーの人的資源の開発を支援しました。

協会事務総長であるShigeru Oyamaは「学生(NPOの日本語の授業に出席)と日本企業とのオンライン就職面接はほぼ毎週行われます。」と言いました。

学生数は1年前より約100人程度減少した260人程度だが、政治的混乱の中で、日本のような先進国での仕事を探そうとする日本の若者たちの強い熱望があると彼は言った。

大山は、日本企業での仕事を得た約40人の学生が入国許可を待っていると述べた。

日本の一部の低賃金産業、特に人口が少ない農村地域は、政府が後援する、いわゆる技術インターンプログラムに基づいて、アジアの他の地域から到着する外国人労働者に依存することになりました。

香川県では、世界で最も高齢人口を有する国であり現65歳以上の割合が比較的高い香川県では、中国人労働者の減少に応じて、ベトナムとミャンマーインターンが増えていると述べた。 讃岐商工会議所。

中国人がこのプログラムではまだ多くの研修生を占めるが、中国人の給与水準が日本の田舎の給与水準とほぼ同じになって、日本に先となる中国人労働者が現在、日本で仕事を見つける傾向があるので、それらにあまり魅力的になりました。 大都市地域、Yamamotoは言いました。

讃岐商工会議所は、中国人労働者だけ取り扱いましたが、山本は「ミャンマーの労働者を受け入れる他の組織でも、政治的不安の中でのインターンがくる心配という話を聞いた。彼らは、いくつかの企業の貴重な労働力」と述べた。

大和の藤井は「ミャンマーの事態が無事に解決されることを願う」と述べた。 「ミャンマー庶民の生活がクーデターで混乱に陥りました。(ミャンマー)ビジネス部門は、早急な平和定着に成長すると思います。」

== Kyodo

READ  ジープ、ミリタリーテイストの「コマンダー」300台限定車「無制限・サージグリーン」 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close