日本企業は、円の価値がドルに対して最低水準を維持しつつ、苦痛の限界に達した。

Estimated read time 0 min read

日本企業は円安に異例の不便を表しており、日本政府が下落する通貨を支えるために介入しているようです。

円は今週初めのドル水準でしばらく160円を超えました。 以後介入が疑われてから約156円まで上がりました。

伝統的に、輸出業者は、円の弱さがドルやその他の外貨で支払われる輸出収入を増やすので歓迎されています。 国内市場に主に依存したり、輸入依存度が高い企業は、コストの増加に苦しんでいます。 しかし、通貨の継続的な下落により、すべての企業の計画が難しくなりました。

READ  日本SBI、新成上場廃止の検討
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours