技術

日本企業は、熱い車両に子供たちを残さないようにする技術を発売するために競争しています。

日本のエレクトロニクス開発者やその他の技術企業は、危険なほど熱い車両に残された子供たちに関連する最近の急増した夏の事故を防ぐのに役立つ可能性のあるシステムを迅速にリリースするよう努めています。

福岡県ノガタに本社を置く電子製品開発者であるCyber​​netechは、去年の夏に5歳児が居住していた近隣都市中馬のように、子どもが残ったときにこれを感知できるシステムを設計する過程にあります。 子供の家のシャトルバスに一人残された少年が熱中症で死亡しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  台湾が開発したコロナ19迅速診断システム日本から受注

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close