経済

日本企業は、2022会計年度に経済がCOVID-19以前の水準に回復すると見ています。

東京:大多数の日本企業が2022年度に世界3位の経済がファンデミク前の水準に回復されるとロイターの世論調査によると、多くの人が来年以降までコロナウイルスの痛みに続く直面すると予想しています。

企業アンケート調査の結果は、経済のJapan Incの慎重な見方を強調したが、これは今年の末の国内総生産(GDP)がコロナ19以前の水準に戻ってくること、政府の楽観的な推定とは対照的です。

先週変更された政府のデータによると、日本経済は強固な資本支出に支えられ、4〜6月に1.9%成長したが、経済専門家たちは、伝染病の復活が次の四半期の回復速度を遅延させることを言います。

した陶器メーカーの関係者は、匿名を前提としたアンケート調査で、「バリアントと復活の悪循環が繰り返されるだろう」と述べた。 「ファンデミクを徹底的に抑えるには時間がかかります。 “

管理者は、経済が2024会計年度にコロナウイルス以前の水準に戻るだろうと付け加えました。

企業調査によると、2022会計年度に経済がファンデミク以前のレベルに回復するだろうと答えた回答者が3分の1に過ぎず、2023年度には、これらのレベルに回復すると予想した回答者が3分の1にすぎました。

約16%は、経済が2024年またはそれ以降にファンデミク前のレベルに復帰すると予想している。

9月1日から10日まで日経リサーチがロイターのために実施した500個の日本の大企業と中堅非金融企業を対象にした世論調査。 約260社の企業がアンケートに答えた。

アンケート調査で、日本企業の4分の3がコロナ19によりマイナスの影響を受けたと回答したのに対し、11%は肯定的な影響を受けたと答えた。 ほぼ60%が2022年度にマイナスの影響がなくなると言いました。 約21%は、そのような影響が会計年度に消えると答えた残りの部分は、2022会計年度以降に消えると言いました。

展望をさらに曇らせる日本企業の半分はグローバルチップ不足の影響を受けていると言っており、10社のうち6社が来年会計年度に解決されると言いました。

約20%は、チップ不足のために2021会計年度の生産量と販売計画が下方修正されたり変更されると言いました。

機械メーカーの管理者は、「東南アジアの感染拡散と閉鎖部品のサプライチェーンが切れた」と書いた。 輸送機器メーカーの管理者は、「マレーシア閉鎖は、チップ不足の原因でした。」と書いている。

ファンデミク以降の経済にどのような活動に重点を置くかどうかを問う質問に、多くの企業がライフスタイルと消費者行動の変化、デジタル変換、および脱炭消化を答えました。

(梶モットー哲時(Kajimoto Tesushi)ジャーナリスト、スティーブン・コッツウォルズ(Stephen Coates)編集)

READ  デルタ、バイデンの新しい支障に米国の雇用に打撃

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close