日本企業は「Dai Hard Curry」が遠く離れた道の駅に戻ることを願っています。

Estimated read time 1 min read





島哲夫さんが2023年3月、福岡県大牟田市にあるエルルコミュニティセンターでブルースウィリスに装った「ダイハードカレー」と一緒にポーズをとっています。 (毎日/フリーハタ秀保)

OMUTA、福岡 – ここの道端の休憩所で、1988年にクラシックアクション映画「ダイハード」を連想させるパッケージングを持つレトルトポーチカレーを発売しました。

日本の道端の休憩所は、旅行者に休息と情報を提供し、地域社会に経済的な機会を提供するための政府指定施設です。

市では、2000年に「道の駅大牟田」休憩所を開設し、その後「道の駅大牟田-花プラス館」に名前を変更しました。 都心から約10km離れた山の中に位置し、2003年度78万人を誘致した後、訪問者数が着実に減少しています。 過去9年間、福岡県の17の休憩所のうち最悪の売上を記録しました。

2012年地域新聞「有明シンポ」記者として始まり、2012年地域雑誌プロデューサー「ミライココックシュートパン」を創刊したテツオ。 2020年には記念日イベントもした。 馬肉のコロッケなどの商品を提案し、放送局の収益創出と一口脱出を助けた。

2020年度に島の会社が休憩所の管理を買収したとき、コロナウイルスの大流行が始まったばかりの訪問者数は157,000人に過ぎませんでした。 2022年度は190,000に小幅改善されたが、販売額は1億604万円(約791,000ドル)で県内で最低水準を維持した。

比較のために、2021年度の訪問者と売上ランキングチャンピオンの「みちのエキムンナカタ」の休憩所は約173万人の訪問者を迎え、2022年度には約16億2000万円(1200万ドル)の売上を上げました。

Shimaは40代に入院期間中に日常を簡素化する方法で頭を削り始めました。 彼は2021年新年カードにブルース・ウィリスをまねた自分の写真を使って訪問者を集めようとした。 現在引退したハリウッド俳優に似ているという賛辞を受けた彼は2022会計年度に市のコロナウイルス修復支援プログラムを通じて資金を受けたレトルトポーチ「Dai Hard Curry」を製作し、その年9月に販売しました。

「大」を意味する「Dai」であるDai Hard Curryは、国産茶色の牛の牛腱煮込みと地元で栽培された野菜で作られています。 パッケージには島がおもちゃ銃を持っており、ウィリスの探偵キャラクターのようにポーズをとって悪役を相手する準備ができています。 映画がハードボイルド画像を持っている場合、カレーは穏やかな味で様々な口当たりに合うように作られています。 これまでに900個のポーチが販売され、順調なスタートがわかります。

タフガイの魅力を守るために毎日頭を削る島さんは「大牟田と佐賀県を結ぶ有明エンガンロードの延長で佐賀県から来る方がたくさん来た。新しい流れに触れたい」と話した。 視聴者の数です。」

カレーはステーションウェブサイト(https://hanapluskan.stores.jp/)でも購入でき、価格は150gポーチあたり税込500円(約3.70ドル)です。

(日本語原文:ふりはた秀保、大牟田地方局)

READ  インフレが続くにつれて最低賃金を記録的に引き上げる日本
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours