経済

日本企業は北京冬季オリンピックを置いてジレンマに陥る。

日本企業は外交的ボイコットとコロナ19大流行で隠された北京冬季オリンピックと障害者オリンピックを控えてジレンマに陥った。

米国と他の国々が、中国の人権侵害の主張に抗議するために政府の管理をオリンピックに派遣しないことを決定した後、企業の人権に対する国民の意識が高まっています。

これにより、企業が冬季オリンピックに関連するマーケティングキャンペーンを積極的に展開することが危険になりました。 北京オリンピック開幕式は2月4日に予定されている。

日本と北京の時差が1時間であることを考えると、日本の人々はオリンピック観覧時間について大きく心配する必要はありません。 これは、日本企業が一般的な状況でゲームにお金を稼ぐための理想的な機会を提供します。

しかし、オミクロンコロナウイルス変種の世界的な普及により、中国本土の観客だけがオリンピックに入場することができます。

ある消息筋は「私たちの会社が大会の準備をしているが、感情的には勢いがあまり積もっていない」と話した。

「日本で大会を観覧するためのツアーはありません。 ダイイチライフリサーチインスティテュート株式会社のエコノミストである東廣長浜氏は、テレビセットの交換需要も限られていると述べた。

冬季オリンピックは、日本選手の競技力に応じて、一部のスポーツ機器やスキーリゾート訪問者の販売を増やすことができます。

だが、会社関係者は「米中紛争を勘案する時、状況が非常に敏感で会社が動きにくい状況」と話した。

オリンピックの外交的ボイコットを宣言した国家は、腎臓ウィーグル自治区と香港で中国の人権侵害を主張しています。

このような状況では、企業はこの問題を解決する必要があるより強力な圧力に直面しています。 彼らは、サプライチェーン全体に強制労働や児童労働がないかどうかを投資家と消費者に説明する必要があります。

中国は巨大な市場です。 多くの日本企業がそこに生産拠点を持っています。

日本企業経営者協会(またはKeizai Doyukai)の会長であるKengo Sakuradaは、「人権関連の問題が発見された場合、日本企業は中国での取引を再考する必要がある」と述べた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ドコモの手頃な価格のプランの発表を「政府の介入」と批判する人が知らない事実、通常の競争を促進するために重要であると| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close