日本企業ロビー、国境管理の緩和を促す

Estimated read time 0 min read

日本最大のビジネスロビーの代表が政府に新規外国人入国者に対する入国制限をさらに緩和するよう促している。

政府が来月から1日、入国者限度を3,500人から5,000人に増やすことに先週決定したことによる。

徳倉正和日本経済人連合会会長は、月曜日の記者懇談会で日本が世界経済に統合された後の第一歩を歓迎した。 しかし、彼は政府が規制緩和のスピードを上げなければならないと述べた。

トクラは、政府がより多くのデジタル技術を使用して移民手続きを簡素化し、限界をさらに高めるよう促した。

彼は多くの国がコロナウイルスをファンデミックではなく風土病として見始め、それに応じて社会規則を調整していると付け加えた。 彼は日本が従わなければならないと言った。

政府は11月末にオミクロン変種の拡散を防ぐために、すべての新規外国人入国を禁止することにしました。

READ  日本で安い食料品を見つける方法
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours