日本企業界、二重性制度の推進強化

Estimated read time 1 min read

財界では、日本で夫婦が別の姓を選択できるようにする必要が高まっているが、これは経営陣と役員職に女性が増えることを反映したものです。

軽鍛錬(日本経済人連合会)と京成都由海(日本企業経営人協会)は、単一性義務化制度が「ビジネスプロセスを妨げる」と批判しました。

3月8日、京成東遊会副会長であり、大和証券グループ(Daiwa Securities Group Inc.)の副社長でもあり、再び京子太郎は法務省に性選択制度の導入を要請した。

Tashiroは、「多くの従業員が、現在のシステムが非常に不便で費用がかかると思います」と述べました。 「私たちはあなたが新しいフレームワークを現実にすることを心から願っています」

角山広明法務上は嘆願を受け、「要請内容を徹底的に検討し、小泉龍二法務上と共有する」と話した。

同日、三井住友金融グループの軽鍛錬多様性推進委員会企画部長の構図テイコ専務は、外務省に選択的2省制度の導入を要請した。

省庁を対象とした今回のキャンペーンは、有名企業の人事で構成される自発的なグループによって開始されました。 情報技術プロバイダーCybozu Inc.の社長である青嶋陽夫(Yoshihisa Aono)は、グループの共同リーダーです。

支持企業役員1000人の署名が入った請願書も提出された。

強力なビジネスロビーは今年初めに二重性システムを積極的に推進し始めました。

経団連は去る1月、女性能力強化関連政策担当長官である加藤祐子(Kato Ayuko)との会議で初めて政府に二つの城制度を導入するよう指示しました。

軽鍛錬会長であり、住友化学会長でもある徳良正和(Masakazu Tokura)は、2月に業界ロビーの最初のリーダーとなり、二重聖祭を公開的に推進した。

徳倉は「今すぐ解決すべき最も緊急な問題としてメカニズムが発展することを心から願う」と話した。
慶應義塾会の新井武志会長もこれに同意した。

彼は最近記者会見で「多様性への配慮は産業化された国家としての第一歩になるだろう」と話した。 「フレームワークを必ず受け入れなければなりません。」

選択的性システムは、1996年に政府立法会が民法改正案で最初に提案したものです。

しかし自民党議員らは二重聖祭が「家族間の一体感を破壊できる」と反対した。

28年が過ぎた今でも、この問題に対する法的改正は行われていません。 その代わり、政府は市民が運転免許証などで結婚全性を使用できるようにする計画を進めました。

以前、Keidanrenはこれらの動きに満足していました。

2015年、最高裁判所が夫婦のある性原則が「合憲」と判決したとき、坂木原幸之経鍛錬会長は記者会見でこの制度を変える必要がないと述べました。

彼は当時の問題に関して「企業や個人ともに不便を経験するようではない」と主張した。

しかし、結婚前の名前の拡大された使用は不十分であると説明されました。

そして、より多くの女性従業員が経営陣と役員職に上がると、ビジネスグループでは法的変化のためのキャンペーンを行いました。 これらの女性は職場で結婚前の姓を使い続けることができますが、伝統に応じて結婚後は法的性が変わります。

日本は、結婚した夫婦が同じ姓を使用することを法的に要求する唯一の国です。

三井住友保険(Mitsui Sumitomo Insurance Co.)の専務取締役元島直美(Naomi Motojima)は、2月初めに米国に到着したときに予期せぬ性問題に直面した。

彼女は、多様性に関する政策について学ぶために、国連とホワイトハウスを含む10以上の地域を巡回した軽鍛錬会員会社女性役員13人のうちの1人でした。

元島は自分を元島と呼んだので、毎回建物の入り口で警備員の製紙を受けましたが、パスポートには公式に登録された吉谷という名前が書かれていました。

彼女は自分が正式な使節団の一員であり、結婚後に城が変わったことを説明した後、入国を許可した。

「私が一人で訪れた場合、彼らは私を通過できなかったでしょう」と彼女は思い出しました。 「重要な会議の前に同じことが発生した場合、会社は被害を受ける可能性があります。 姓問題による事業的リスクをその時初めて気づいた」と話した。

昨年12月、 Keizai Doyukaiワークショップで埼玉にある住宅建設会社Aida Sekkei Co.の専務取締役であるMasumi Abeは、単一性規則に関する自身の問題点を説明しました。

彼女はビジネスを行うときに自分自身を安倍と呼びますが、必須証券レポートには登録された名前を使用します。

安倍首相は「ビジネスパートナーが私を識別できないのか怖い」と話した。

安倍もゴルフクラブ会員として公式名称の岡田(Okada)を使用しなければならないため、ラウンドをする度にレセプションカウンターで苦労する。

一部のプレイヤーは自分のグループで未知の名前を見つけて慌てています。

彼女は「週に何度もゴルフをするので、この困難が本当にストレスを与える」と話した。 「ゴルフが仕事の重要な部分を占めるので、これは難しいことです」。

経団連は4月から始まる会計年度前半に二重性制度提案を設ける計画だ。 政府にも持続的に圧力を加える計画だ。

READ  みずほFG証券部門今期経常利益1300億円と過去最高に - 環境追い風 - Bloomberg
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours