経済

日本企業連盟、すべての公的、私的管理手続きのデジタル化提案





このファイルの写真は、東京千代田区の日本企業連合(Keidanren)を示しています。 (毎日/高城英雄)

東京 – 日本経済連盟(Keidanren)は、4月4日に政府委員会にデジタル化を妨げる様々な規制を検討する提案書を発表し、運転免許証変更のための電子申請書および戸籍証明書の導入を含む87項目の改訂をリクエストしました。

日本最大の企業ロビーは、公共部門や民間部門のすべての手順について、紙文書を取り除き、電子アプリケーションに切り替えるための大胆な改革を要求しました。

2021年11月、岸田文夫首相の発議で政府デジタル行政改革臨時協議会が発足した。 デジタルエージェンシーによると、今後3年を「集約的な改革期間」に指定し、5月末までに実行案を確定する予定だ。

Keidanrenは、管理および企業の改善について会員企業を対象にアンケートを実施し、約200社および組織から780件の要請を受けました。 300で最も改善された項目は、行政やその他の手順を電子化することでした。 官公署に蔓延している文書の封印と署名を取り除こうとする人が多く、コロナ19終息に対する不確実な展望の中で窓口に行って列を立てなければならないと不満を吐露する人もいた。

特に、ゲイダンレンは、ガレージ証明書、事業および不動産関連登録、結婚相手を見つけるための活動に使用される「単独証明書」など、役所から発行された文書を取得する手続きをオンラインで行うよう要請しました。 特に農村のデジタル化が深刻に遅れている状況に対して、「人々に過度な負担を与え、社会全体の効率性と生産性を深刻に毀損している」と批判した。

キーダンレンのある関係者は、日本が世界最高の情報技術国家になるという長い目標にもかかわらず、政府は「他の国々に遅れている」と指摘した。 この関係者は、政府が「妥協なしに突破しなければ過去の失敗を繰り返すだろう」と果敢な措置を促した。

政府委員である徳良政和経団連会長は4日、記者懇談会で「政府が迅速かつ断固として対応することを促す。 私たちの最後の機会。

(日本語原文:ハジメ中津川、ビジネスニュース部)

READ  中国国防費支出は経済主義の中に少しの上昇を示す

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close