エンターテインメント

日本企業5社のうち2社、2022年度に価格引き上げ計画

日本データ

経済社会生活様式


新種コロナウイルス感染症(コロナ19)長期化とロシアのウクライナ侵攻の余波で日本国内の原油価格と原材料価格が急騰し、多くの企業が自らの価格引き上げを計画している。

2022年の初めから、日本では、ガソリン、電気、パン、コンビニエンスストアのお弁当、その他の商品の価格引き上げに関するニュースがますます多くなりました。

Teikoku Databankが4月1日から5日まで全国企業を対象に実施したアンケートによると、2021年10月から2022年3月の間に30%以上が価格を引き上げました。 また、43.2%の企業が2022年4月に開始する会計年度に価格を引き上げる意向があります。 、4月に25.7%、5月に11.1%の価格引き上げが含まれています。

業種別では、鉄鋼、非鉄、工業業種が59.8%、化学工業業種が55.6%と価格を引き上げた。 2022年4月から始まる会計年度基準食品・飲料・飼料業種企業の73.1%が価格引き上げを計画している。

調査によると、回答者の16.4%(6社のうち1社)が価格を上げたいが、それはできないと答えた。 安定的な売り上げが欲しいが、価格を上げれば競争で負けることになるので、顧客を失うか恐ろしい選択をするようになったようだ。

アンケート調査結果によると、小売、飲食、教育、エンターテイメントなど個人消費に関連する部門企業の43.2%が2022年4月から始まる会計年度に価格引き上げを予想しており、これは消費心理冷却。 石川県のある食品・飲料小売業者は、アンケートの回答者が提起した懸念の中で、原材料、包装、カートンなどのアイテムのコストが増加するため、現在の価格で利益を維持することは不可能であると述べた。

(日本語から翻訳。バナー写真©Pixta。)

消費
インフレ

READ  窪田正孝、芦田愛菜のコメント力に脱帽西野亮廣は久保田を大絶賛「ごみ人間! 「| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close