日本会社、サプリメント恐怖で76人追加死亡調査

0 min read

日本の健康補助食品メーカーである小林製薬は、金曜日にコレステロールを下げる効果のある紅国米を含む錠剤と関連がある可能性のある76件の追加死者を調査していると明らかにしました。

今回の事件は、数十人の顧客が腎臓問題を報告した後、同社が一般医薬品と関連がある可能性のある5件の死亡事例を調査すると明らかにした今年初めに爆発したスキャンダルを深化させました。

真菌培養で発酵した赤い酵母米または「ベニコージー」は、東アジア全域で何世紀にもわたって食品、アルコール飲料、および民間医薬品に使用されてきました。

小林広報担当者は「入院や死亡の直接的な原因が腎臓関連疾患でなくても、ベニコジー関連製品が何とか害を及ぼしたり、間接的な影響を及ぼす可能性のある事例など、様々な事例があることが明らかになった」と明らかにした。

会社側は最初に調査中だった5件の死亡者の一人は、ホンクク米を摂取していないことが確認されたと明らかにしました。

「私たちは治療を受けようとする個人から1,656件の問い合わせを受けており、もともと4件のほかに死亡に関連する(因果関係)で76件を調査しています」と明らかにしました。

小林製薬は3月22日、ベニコジー含有錠剤3種を回収すると明らかにした。

その後、同社は工場の1つでカビによって生成された潜在的に有毒な山を発見し、政府の管理者が会社の施設を調査したと述べました。

小林製薬は様々な健康関連製品を提供する日本の有名企業であり、これらのスキャンダルは日本国内で最高のニュースとなりました。

金曜日、小林は、腎臓以外の臓器が損傷したかどうかなど、健康被害の正確な原因と範囲を特定するために努力すると述べた。

林正正政府の広報担当者は、金曜日の厚生省が以前に調査に毎日報告書を提出するよう命じ、調査中の死亡者数が変わらなかった後、今月初めに詳細を求めたと述べた。

林氏は記者たちに「しかし、今日まで調査中の具体的な事例数を報告しておらず、これは非常に残念なことです」と話しました。

小林製薬は、紅国を日本内約50社、台湾2社にも販売したと明らかにしました。

台湾の保健当局は今年初めにこの事件以後、台湾企業が紅国米を含む製品154個を予防的にリコールしたと明らかにしました。

READ  外国人が伝える日本で放棄された家を購入する方法
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours