トップニュース

日本保健パネル、メルクの経口用コロナ19治療剤承認

2009年3月9日ニュージャージー州リンデンのメルク及びCo。 キャンパスの様子。 REUTERS/Jeff Zelevansky

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、12月24日(ロイター) – 金曜日、日本の厚生省パネルは、岸田文夫総理の年度別の新規治療制度の一環として、メルクアンコ(MRK.N)が開発したコロナ19抗ウイルス剤の承認を勧告した。 -オミクロン変種に対する懸念が高まるにつれて終了します。

パネルの決定は、キシダが以前に発表した準備に基づいて、今週末から全国で200,000ドーズの出荷段階を設定します。

後藤重之(Goto Shigeyuki)厚生労働像は決定後、記者たちに「この薬の流通がコロナ19対応のための重要な進展だと確信する」と話した。 月曜日。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

日本は、恐ろしい感染症の6番目の波が発生した場合に深刻な感染や死亡を防ぐために、経口治療に大きく投資しています。 政府は先月、メルクとパートナーのリッジバック・バイオテラピュティクス(Ridgeback Biotherapeutics)に約160万コースのモルヌピラビル(molnupiravir)に対して約12億ドルを支払うことに合意した。

また、岸田は先週ファイザー(Pfizer Inc.)が開発した別途の抗ウイルス剤200万ドーズを調達する契約を発表した。 日本の塩野基アンコ(4507.T)は近いうちに自己治療剤承認を申請し、100万ドーズを追加供給する予定だ。 来年初めまでに投与

木曜日、米国の規制当局は、特定の高リスク成人患者に対してメルクピルを承認した。 もっと読む

国は非常に有望な初期の結果の後にメルクのモルヌピラビルを購入するために急いでいましたが、11月末の後続の会社のデータによると、この薬は以前に考えたものよりはるかに効果的ではありませんでした。 フランスは水曜日の注文をキャンセルした。 もっと読む

有効性に関する議論の質問に、Gotoは金曜日の日本パネルが初期テスト結果に基づいてモルヌピラビルの使用を評価し、更新された結果は「この薬の効果を否定しない」と付け加えました。

今週、日本は海外旅行者として逆追跡できないオミクロン感染症例を初めて確認しました。 変種の地域社会の伝播は現在、大阪と京都の西部都市で発見され、金曜日に東京で疑い患者が発表されました。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Rocky Swiftの報告。 小宮関太郎の追加報告。 Andrew Heavens、Philippa Fletcher、Catherine Evansの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のキシダは、インドを含む4カ国がウクライナへの懸念を共有していると述べた。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close