日本信用評価会社、PHLの信用等級確認、経済弾力性の言及

1 min read

JAPAN信用評価機関(JCR)は、金曜日フィリピンの持続的な経済成長に支えられ、外部衝撃に「弾力的」なフィリピンの信用格付けを投資等級A-に確定しました。

JCRは声明で「この格付けは、主に堅調な内需に基づく国家の高い持続的な経済成長の成果と、GDPと比較して低く維持される対外負債と外国為替保有額の蓄積を支える外部衝撃に対する回復力を反映している」と明らかにした.

信用監視者は、2022年末にフィリピンのGDPに対する負債比率が50%水準にとどまり、A等級で評価した主権国の中で最も低い水準にとどまったと指摘しました。

「したがって、JCRは財政の健全性が損なわれるとは思わない。 海外フィリピン人の送金額は依然として堅牢であり、経済は外部衝撃に非常に弾力的です。 これを基に、JCRは格付けの見通しを安定的に維持した」と明らかにした。

JCRは、マルコス政権の経済プログラムと継続的なインフラ開発、国家GDPに対する政府の負債削減、以前の政権から始まった様々な洗剤改革などのプラットフォームに注目した。

JCRは2月末現在、総国際準備金が993億ドルに達し、国家の外貨流動性ポジションが「強健」だと付け加えた。

JCRは、中央政府が2022年9月末にGDPの26.8%で対外債務残高を維持することができたと述べた。

「これは、国の外貨流動性ポジションがしっかりしていることを示しています。 JCRは、グローバルリスクオフの動きが再び触発されても、国家が高い回復力を見せるという見解を持っている」と話した。

所得格差

しかし、信用監視者は、農村開発によるフィリピンの「所得格差の減少」は、依然として中央政府の「重要な」課題であると指摘した。

財務省(DOF)は、昨年、国が政府の目標を超えた7.6%の経済成長を記録した後、信用格付けが行われたと述べた。

DOFは、フィリピンの現在の信用格付けが「信用リスクが低く、国際債券市場へのより良いアクセスと有利な金利を伴う」と強調した。 同機関はまた、より多くの外国人直接投資につながる可能性がある国に対する投資家の信頼性を高めるだろうと付け加えました。

ベンジャミン・ディオクノ(Benjamin Diokno)財務長官は金曜日の声明で「マルコス政権は健全な財政管理を継続することで健全なマクロ経済ファンダメンタルを維持し、財政目標を達成するために努力している」と述べた。

Dioknoは、「最近の国家構造改革は、国家がファンデミックショックに耐え、回復経路をマッピングできるようにする」と付け加えました。

DOFは、中央政府が「投資主導の成長を促進し、質の高い雇用機会を拡大し、生産性をさらに向上させる」改革を実施し続けると述べた。

「フィリピン開発計画2023-2028を通じて、政府は包括的な成長を促進し、フィリピン国民に同等の機会を提供し、革新的で世界的に競争力のある経済に参加できるようにする方向に国家を導く」と述べた。

READ  日本首相岸田文夫コロナ養成、回復中
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours