トップニュース

日本僧侶、韓国裁判所に盗まれた仏像返還要求

日本南西部にあるある寺院の僧侶が水曜日、韓国裁判所の審理に証人として出席し、2012年韓国の泥棒が盗まれたが、日本の査察でも主張している仏像返還を要求した。

提供ファイルの写真は、長崎県対馬の関論寺で盗まれた仏像を示しています。 (刑務所)

議論となっている銅像が文化財に指定されている長崎県対馬の観音寺から来た田中涼良さんは、2017年に韓国政府が提起した上訴事件に日本人証人としては初めて登場した。

Tanakaは、「私が主張したいのは、Kannonji寺院が1953年に最初に宗教法人として承認されて以来、その仏像の所有権を持っているということです」と述べました。

韓国当局は2013年にこの像を取り戻したが、西山副石師は数百年前に日本海賊たちに略奪されたと銅像返還を裁判所に仮処分申請をして韓国政府を相手に訴訟を提起した。

大田地方裁判所は2017年1月に原告勝訴判決を下し、仏像の正当な所有者は副石士と判決した。 韓国政府は判決に訴えた。

日本南西長崎県対馬市にある観音寺観音寺田中涼良僧侶が2022年6月15日、大韓民国中部大戦の対戦高等裁判所に出席した後、記者たちに話している。 (刑務所)

田中氏はまた、この仏像は、韓国の最後で最も長生きの王朝である朝鮮に滞在する間、観音寺を創建し、合法的に日本に持ち込んだ日本僧侶が得たと話しました。

しかし、原告を代理する弁護士は、日本の査察が合法的に日本に移されたという公式的な証拠がないと、日本の査察の主張に反論した。

別の審理は8月に開かれる予定であり、裁判所は水曜日に判決が差し迫ったことを示唆しました。

先月就任したユン・ソクヨル大統領が日帝強占期の歴史問題で数十年ぶりに最低値に墜落した日韓関係回復の必要性を強調した時期に出たのだ。 朝鮮半島の支配。

READ  Kore.ai、日本語での仮想アシスタントプラットフォームを発表

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close