トップニュース

日本元姫、庶民夫とアメリカに出国

平凡な大学生の恋人と結婚するために王室の地位をあきらめた日本の王女は、彼らのロマンスを批判する国を残してニューヨークに到着しました。

元真子姫とゴムロケイ(30)の出発は、東京羽田空港でカメラフラッシュが降り注ぐ中、飛行機に搭乗する姿を日本の主要放送局で生中継した。

オンラインで掲示された写真には、JFK空港に到着した二人の姿が盛り込まれた。

Fordham Universityのロースクールを卒業したKei Komuroは、ニューヨークの法律事務所に勤務しています。 彼は弁護士試験に合格しなかった。 地元のメディアが彼を攻撃するために使用した別のニュースですが、何度も試した後に通過するのが一般的です。

彼は先月、東京で婚姻届を終えた後、記者たちに「私は真子を愛する」と話した。 彼らは結婚式の宴会や他の一般的なお祝いの儀式なしでそうしました。

愛する人と一人だけの人生を送りたい」と話した。

日本は多くの点で現代的に見えますが、家族関係と女性の地位に対する価値は封建慣習に根ざしたやや昔ながらとされることが多いです。

これらの見解は、結婚に対する国民の反応でより顕著でした。 一部の日本人は、納税者が皇室制度を支援するため、そのような問題について発言権があると考えている。

他の王女は平民と結婚して宮を去った。 しかし、マコは、ソーシャルメディアや地元のタブロイドで熱狂的な反応を含む、大衆の抗議を受けた最初の人です。

夫婦がマンハッタンに住んでいるかどうか、Kei Komuroがお金をどれだけ稼ぐことができるか、元王女が最終的に彼女の夫を財政的に扶養するかどうかについての推測はさまざまでした。

真子は平民政子と結婚した成人天皇の甥だ。 Masakoは皇室の隔離され、規制された生命に精神的に苦しんだ。 Makoの結婚を取り巻く否定的なメディアの報道は、彼女に先月、宮殿の医師が外傷性ストレス障害の一形態として描写したことを示しました。

現日王の父親である元日王秋人は、皇族で初めて平民と結婚した。 彼の父は第二次世界大戦で日本が参戦した天皇だった。

家族は政治権を持っていませんが、国の象徴として祭司に出席し、災害地域を訪問し、比較的人気があります。

真子の王権喪失は男性だけ継承できる皇室法のためだ。 男性の王族だけが呼命があり、女性の皇族は呼称だけがあり、庶民と結婚すれば去らなければならない。

真子は天皇の弟の娘で、15歳の真子は結局天皇になると予想される。

2017年に発表された元王女の結婚を複雑にしたのは、Kei Komuroの母親に関する財政紛争でした。 刑務所通信によると、この問題は最近解決された。

去る9月米国から帰ってきたゴムロケイは3年ぶりに再会した。 彼らは10年前に東京の国際キリスト教大学に通ったときに会いました。

博物館キュレーターだった元姫は、結婚を発表しながら自分の選択を明らかにした。

彼女は「彼は私がなければできない人です。「結婚は私たちが心に忠実な生活を送るために必要な決断です」。

———

影山ガラスはTwitterにあります。 https://twitter.com/yurikageyama

———

この物語は、王女が王位ではなく王権を放棄したことを訂正します。

READ  東京飲食店などの営業時間短縮の要求23区来月15日まで延長に - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close